最近のトラックバック

自分のこと

999.9 その4

…というわけで、999.9の続きです(笑)。

店に着くとすぐに2階に案内され、出来上がっためがねのフィッティングです。
Block_03_e












高級ホテルのパウダールームと見まごうばかりの落ち着いた空間がそこにはあり、席に案内されてしばらく待っていると、「お待たせいたしました」購入した店員さんとは別のフィッティング担当の方のようです。ここからのフィッティング作業の何と丁寧なこと!時間を掛けて本当に細かく調整してくれます。「これでいかがでしょう」そう言われてめがねを掛けてみると、大げさに聞こえるかもしれませんが、まるでパズルの最終ピースが収まるかのように顔にぴたっと収まります。まるで顔にはりついているようで、ちょっとやそっとではぶれません。とはいえ圧迫感は皆無で、変なたとえですがまるで自分のこめかみに溝が掘ってあって、そこにめがねがぴしっとはまったみたい(笑)。そうでなくても軽いめがねではあるのですが、ランニングシューズと一緒で変なあそびがなくブレないので、余計に軽く感じられるようです。もちろんこれは目の疲労軽減にもつながるでしょう。

実は先週、レンズを決めるときに行った検査も本当に丁寧なものでした。…というか、そもそもこれまで一度も受けたことのない検査ばかり。方法の違う検査をいくつも受けることで、自分に本当に合ったレンズを選んでもらえます。
Block_03_d












ちなみにこの検査を担当する方も別の人でした。検査担当の方もフィッティング担当の方も、見るからに「わかっている」人で(笑)、その点でも安心してお任せすることができました。結果的には、これまで使用してきたレンズの度数がやはり適当と言うことだったのですが、これによって前回作った眼鏡屋での検査も信頼できるものだったということがわかりましたし(もちろんこんなに丁寧な検査ではありませんでしたが)、またどうやら僕自身の視力もその時から悪化してはいないこともわかりました。
ケースも5種類くらいから自分の好きなものを選べます。最初無難な黒に手が伸びたのですが、今回はあえて白にしました。僕が選んだタイプは白と黒、この他にスウェード調のものもあってこちらは確か3色あったと思います。まあ実際問題、僕自身はほとんどめがねケースは使わないのですが…。
P1010321










そんなわけで新しいめがねも、これまでかけていためがねとの違和感はほとんど感じられません。むしろ、フレームをマットシルバーにしたためこれまでのブラウンのフレームのときほど視界を遮らないことや、これまでのものより四角くて大きめなレンズも視界を広げるのに役立っているようで、かえって見やすいくらい。これまでのNikeのめがねも軽くてフィッティングも良いので気に入っているのですが、こちらは今後ある程度スポーツ用(つまりランニング用…笑)として使い、日常使いは新しいめがねを使用することになりそうです。
P1010325














S-282T(チタンシャーリング/ライトグレーマット)

999.9(フォーナインズ) その3

次に薦められたのはフルフレームのもの。デザイン的には一番オーソドックスなものです。これだとメンテナンスの必要もありませんし、レンズもそれほど高いものを入れる必要も無いとのこと。その代わりあとから大きなレンズに入れ替えることはできなくなりますが、極端にスリムなレンズのデザインのものを選ばなければ(そんなデザインのフレームはほとんど無かった)、遠近両用レンズを入れること自体は可能とのこと(すでに入れること前提かよ!…号泣)。フルフレームでレンズを支えるので、当然よりしっかりした構造になるのもメリット。デザイン的にワイヤー式のシャープなイメージにも惹かれましたが、長く使うことを考えて今回はオーソドックスなフルフレームにすることにしました。色は個人的にも好きな色であるガンメタ(黒だとめがねが強調されすぎるし、ブラウンは今使用しているものと同じなのでつまらない、メタリックなシルバーはちょっと上品過ぎる…そう考えるとガンメタはちょうど中間ぐらいのイメージに)を考えていたのですが、実はこれら着色されたフレームはどうしても色が剥げるとのこと(もちろんここのめがねは耐久性にこだわった着色がなされているそうですが)。実際以前使っていためがねのフレームも、フレーム自体はまだ使えるものの塗料が剥がれてしまって使えなくなっていることを考えると、その心配の無い、無塗装で素材そのものの色であるチタンシルバーがよさそう!メタリックのシルバーと違い光沢感は抑えられていますし、ヘアライン調の素材感も気に入ったので色はこれできまり。モデルは一番ベーシックなものが値段的には魅力だったのですが、この春ラインナップに加えられたと言う新しいモデルがより装着感などにこだわって改良されているということで、そちらに…。三つあったタイプは角ばったものと丸っこいものの中間のものにしました。当初の予定ではこのあたりで切り上げるはずだったのですが、こうやって話を聞いているうちに、「多少高くてもこのお店で買いたい」と思うようになってきました。直営店ならあとあとのアフターフォローなども安心ですし、実際ここのフレームは故障しても修理をすれば長く使えるとのことだったので、だったらその安心料も込みだと思えばそれほど高いものではないかと思うようになったのです。それになにげに決定打になったのは先ほど眼にしたレンズの料金表(レンズの料金表はパウチされた用紙で確認するようになっていました。うまいシステムですね…苦笑)。実は\16,800という料金の下に(  )つきで\9,800という文字が。お店の人によると、実はこのレンズ、渋谷店のみでの取り扱いだそうで、まずは999.9のフレームをいろいろなお客さんに試してもらうために用意したものだと言うこと。安いとはいえNikon製のレンズ、実際これまで僕は安いレンズばかり使ってきましたが不便を感じたことはありません。「999.9入門としてはこれでいいじゃん!」ということで、こちらに決定!まあそれでもそれなりのお値段ですし、当初考えていたお店よりは割高(そちらは確かレンズ代は\5,000から。それにおまけもついてきますし…涙)なのも確かなのですが、サービス料と安心料込みの値段だと考えることにしました。
S261t_img

999.9(フォーナインズ) その2

今回僕がめがねに求めたのは、あくまで仕事用(日常用)のものであることを考え、

① オーソドックスな落ち着いたデザインのものであること。
② 長時間かけていても負担にならないものであること。
③ 飽きのこない長く使えるものであること。

この三点でした。
999.9にはセルのめがねのラインナップなどもあり、そちらもとても魅力的ではあったのですが、今回はメタルフレームのものの中から選ぶことに。上記の条件をお店の方に伝え、最初に薦めてもらったのはナイロール(レンズの下をワイヤーで支えるタイプ)のフレームでした。ここのめがねはどのモデルも基本的に奇をてらったものは無く、特にメタルフレームのものはこの店のベーシックモデルと位置づけられているだけあって、シンプルでオーソドックスなものばかり。そもそもここの製品は男性用・女性用、あるいは使用者の年齢による区別などはありません(女性用をイメージしたモデルもいくつかあるにはありますが…)。一応モデルごとに ①比較的角ばったタイプ ②比較的丸っこいタイプ ③その中間のタイプ と三つのタイプがあり、それぞれに4~5色程度のカラーバリエーションがあるのですが、色はともかくとして形の違いは微妙なものです。ただ、実際にかけてみると顔の印象が変わるのは確かで、ほんのちょっとしためがねの違いでこんなにも印象が変わるのかと驚かされました。とはいえどれも極端なデザインではないので、人を選ばずどれもしっくり顔になじむ印象でした(あとはその人の好みですね)。それにしても驚いたのはそのかけ心地の良さ!それを売りにしているだけに当然と言えば当然ですが、こればかりは実際にかけてみないと分からない部分でもあります。顔にしっかりと固定されていながら、圧迫感と言うのは皆無。もちろん長時間試したわけではありませんし、自分の顔に合わせて調整してもらったわけでもないので、あくまで印象に過ぎないと言えばそれまでですが、それにしてもこれまで自分が使用してきためがねのどれともまったく違う印象に、大げさではなく衝撃を受けました。
このタイプのめがねのメリットは後からレンズの大きさを変えられること。そう、いよいよ必要になったとき遠近両用のレンズが付けられる!(実際すでに片足突っ込んでいます…涙)。また下側のふちがない分だけ、下を見たときに視界をさえぎるものが無くなって見やすいということもメリットだそうで、確かに言われてみれば「なるほどね」ということばかり。ただ、一方でデメリットもあって、ワイヤーで支える分だけ多少定期的なメンテナンスが必要ということと、むき出しになっている分安いレンズだと欠けやすいということ。なるほど、なるほど。こういったことをきちんと説明してくれるのもありがたいですね。そんな話を聞きながら、いろいろめがねを試している間は自分のめがねははずしていることになります。「もしよろしければお預かりして洗浄させていただきますがいかがですか」そりゃ断る理由なんて無いでしょう!「お願いします」しばらくして戻ってきた自分のめがねに思わず「これ、本当に僕のですよね?」まるで新品であるかのようにきれいに輝いています!もっともこのサービスには店側のもう一つの意図があって、洗浄と同時にレンズの度数を調べていたようです。というのもこのお店、店頭にはフレームそれぞれの値段は書いてあるものの、レンズの値段についての表示はありません。眼鏡屋さんでよく見かけるような「レンズ代込みでいくら」というような表示ももちろんありません。実際購入するとなるといくらくらいになるのか聞いてみると、「さきほどお客様のめがねのレンズを調べさせていただきましたが、お客様の度数ですとそれどほ高価なレンズを入れる必要はないかと思います。ですからこのあたりのレンズを入れるとすれば万円くらいになるかと…」なるほど、洗浄してくれたのはそのためもあったのね。確かに度数の高い方のレンズは厚みを抑えるためにある程度高価なレンズを入れる必要が出てくる。僕の場合は度数はかなり低いのでその点は良かったのですが、それでもさすが直営店。レンズの価格は一番安いものでも\16,800というお値段!ただ先ほどのナイロールのフレームだともう少し良いレンズがお勧めとのことで、そうなるともっと価格が上がります(涙)。うーん、やっぱり直営店は高い!
S71t_img

999.9(フォーナインズ) その1

その眼鏡というのがこれ。

999.9(フォーナインズ)

最初海外のブランドだと思ったのですが、実は純国産の眼鏡フレームブランドで、いわく「日本人による日本人のためのフレーム」とのこと。HPを見る限り、その眼鏡へのこだわりは徹底しており、純金の品質表示に由来する「999.9」というブランド名も、「限りなく1000に近づく努力を日々繰り返す」という姿勢を示しているのだとか。ブランドコンセプトの4つの柱、「掛けやすい、壊れにくい、調整しやすい、(価格が)高すぎない」にはおおいに共感できるのですが、その最後の「(価格が)高すぎない」は結構微妙で、われわれ庶民にはそうは言っても高価な眼鏡(まあだから「安い」ではなく「高すぎない」という言葉になるんでしょうが…)。「価格に見合うだけの価値は果たしてあるのか?」正直言えば半信半疑でした。

何も渋谷まで行かなくとも、たとえば町田あたりにもここのフレームを取り扱っている店はあったのですが、どうせならば直営店にと考えたのです(直営店ならカラーバリエーションも含めてラインナップのすべてがそろっています)。新宿にも直営店があったのですが、これは伊勢丹の中に入ったショップだったのでパスしました。
ただあらかじめ調べた情報だと、実際に購入するとなると直営店ではレンズが高い!直営店でない店の中には低価格のレンズを取り扱っている店もあるので、それならば総額を抑えられます。実は渋谷のパルコにあるポーカーフェイスというお店はレンズが5,000円から選べるとのことだったので(それに今月中なら26,250円以上購入でコレクションボックスやメンテナンスキットなど好みのものを一点もらえる!)、直営店で製品をチェックして、実際の購入はこちらで…なんて考えていました。
とりあえずまずはそのポーカーフェイスをのぞいてみました。パルコの中の店なのでそれほど広くはありませんし、999.9のフレームの展示もごくわずか(その代わり当たり前ですがそれ以外のブランドのおしゃれなフレームもそろっています)。もっとも型番が分かっていれば取り寄せてはもらえるでしょう。ここはちらっと見るだけにして(どうせ後で来ることになる)、まずは直営店へ。

Block_03_a




パルコからはすぐの場所に直営店はあります。関係ないですが、昔(もう10年ほど前!)この直営店の隣あたりの場所に「赤とんぼ」という和風パスタの店があり何度か利用した覚えがあります。今は残念ながら無くなっていました。
実は午前中に渋谷を走った時にこの店の場所は確認しておいたのですが、そのときは開店前で店員さんが店先を掃き掃除していました。ずいぶん立派な店構えで、「入りにくそう…」とそのときは思ったのですが、意外に明るく開放的(実際店の扉は開いていました…笑)な雰囲気で、店内にはすでに何人かお客さんがいましたからそれほど敷居の高さを感じずにすみました。

(その2)に続く

めがね!

昨日のランニング後、さきほどは「走って」行った渋谷に今度は電車でもう一度向かいました。…というか、そもそもこちらの用事があったので、せっかくだからと午前中都心を走ったんです(笑)。その用事とは渋谷にある眼鏡屋をのぞいてみることでした。

僕は眼鏡愛用者なのですが、現在メインで使用している眼鏡は今から三年半ほど前に購入したNike製のもの。そのころ使用していたもの(ビジネス用とオフ用で二本所有していました)がどちらもツルの部分の塗装がはがれてきてみすぼらしくなっていたため、たまたま入った近所の眼鏡屋で購入したものです。その時点ではまさか自分がランニングにはまるなどとは思っていませんでしたし、当然Nikeに対しての特別な感情もありませんでしたが、なかなか快適なかけ心地とデザインが気に入って衝動買いしたものです。結果的にはその後のランニングライフにおいておおいに役立ってくれて(軽くて走っていてもずれない)今でも重宝しているのですが、ビジネス用にもうひとつほしいと実はここ何年かずっと思っていました。
実は僕は視力そのものは決して悪くありません。10月に行われた健康診断の結果でも裸眼で1.2ほどありましたし、自動車免許の書き換えの際も毎回眼鏡無しで視力検査を行っていますが、いつも問題なくクリアしています(したがって免許には「眼鏡等」という表示はありません)。にもかかわらず眼鏡をかけているのは乱視のため遠方がぼやけるからです。そのため外に出かけるとき(したがって仕事に行くときも)は基本的に眼鏡をかけています(あ、もちろん車を運転するときも!)。自宅にいるときはかけないとは言え、そうはいっても一日のかなりの時間を眼鏡とともに過ごしていることになります。現在使用しているNikeの眼鏡はビジネスでの使用でも全く問題ないのですが、そうは言ってもこれとのつきあいもすでに三年半。その上こいつとは「ランニング」という少々過酷な条件の中でつきあっていますので、いささかくたびれてきました。当初はこの眼鏡を延命させるためにもビジネス用の眼鏡がほしい(したがってビジネス用は安いものでもいい)と思っていたのですが、考えてみればもう一本購入したらそちらが今後メイン(少なくともビジネス用の方が使う時間は長くなりますよね、当然…笑)になるし、そうなれば現在使用しているものはある程度ランニング用に限定できる、そうであるならば今回追加するものはある程度しっかりしたものを購入しておかないと、結局かけやすい現在の眼鏡がメインになってしまい、追加する意味が無くなってしまいます。
まあそれに年齢的にもあまりにも安いものでは(特にビジネス用は)少々キツくなってきたということもあり、どうせならばよいものを(そして長く使えるものを)と考えていろいろ情報収集していたところ、ある眼鏡に行き着きました。
P1010298

一ヶ月のノルマ!

まもなく1月が終わろうとしているこのタイミングで書くのもどうかと思うのですが、年の初めに自分の中でいくつか「一ヶ月の目標」を定めることにしました。ここで書いておくことで自分自身へのプレッシャーになればと思い(笑)、一応ここに記しておこうと思います。

① 月間走行距離200km!

② 月5冊本を読む!

③ 月一曲作る!

①については、あらためてここしばらくの月間走行距離を調べてみたら、昨年の9月からずっと一応200kmは超えていました。今月も今週末のランで200kmは超えますし、来月もランステのイベントでフルの距離を走る予定があることを考えると、なんとか200kmはいくのではないかと…。三月は荒川のフルマラソンを予定していますからここもなんとか…。4月は例の富士五湖チャレンジ(72km!)と12時間ラン(!)がありますので、ここはもう絶対大丈夫でしょう。そんなふうに考えていくと、とりあえず4月までは200kmは超えられそうと思い、こんな目標設定にしました。このところ、毎週火曜日の練習会や週二回ペースの「帰宅ラン」などで、一週間のランニングスケジュールみたいなものが自分の中である程度定着してきました。これを続けていけばなんとか月200kmはいけそうですので、無理はせず頑張ってみたいなと…。

②については、もともとは本は好きで昔は時間があれば手にしていたのですが、考えてみればここ何年も(車通勤をするようになってから)あまり本を読んでいませんでした。それがこのところ走るようになったおかげで、逆に電車に乗る時間が増え、読書する時間が作れるようになりました。月5冊というのはなんともお粗末な数字ですが、まずはここから始めていこうと思います。

③についても、今年はランニングもですが、その一方で自分のこれまでのメインの趣味であった音楽についても、もう少しきちんとやろうと思っています。こんなふうに考えるようになったのも走るようになったおかげで、これまで自分の中には全くなかった(それどころか自分には絶対に無理なものと考えていた)「スポーツ」というものでさえ、こつこつ積み重ねていけばそれなりに自分のものにできるんだという実感を得られたことで、であるならばこれまで自分がそれなりに時間をかけてきた「音楽」というものも、もう少しきちんと努力を積み重ねていけば、少なくとも今よりも高めることができるはず…そう考えるようになったからです。今年は意識的に楽器に触れる機会を増やそうと考えていて、一応「毎日一度は鍵盤に触れる」というのも目標なんですが(笑)、その延長線で「月に一曲新曲を作る」というのも自分の中でのノルマとして課そうと思っています。

これ以外にも実はいくつか目標があって、先ほどの

④ 毎日鍵盤に触れる

以外に

⑤週に一回料理をする

⑥昼食と夕食では必ず何かしら野菜を取る(朝食はさすがにきびしい…)

なんていう目標も設定しています。先日の「健康教室」で自分の食事のいいかげんさは思い知らされたので、今年はこの食生活の改善も目標に掲げました。
本当はこれにもうひとつ、

⑦毎日のヨガ!

と言う目標も設定したのですが、これは実はまだ実践できていない…(汗)。でも自分の体のメンテナンスを考えると、これも(というか「これこそ」)目標に入れておかなければならないことですね。

はたしてこれらがどれだけ実践できるかですが、まあ目標を持って日々を過ごすと言うことは少なくとも悪いことではないでしょう…それが実践できたかどうかはともかくとして(爆)。

明けましておめでとうございます!

僕がランニングを始めてから、気づけば2年半という時間が過ぎていました。正直言えば自分でもここまで続くとは思っていませんでした。きっかけはダイエットでしたから、本来であればそれが成功した時点で止めていてもおかしくなかったのですが、気づけば「走ること」そのものが楽しくなっている自分がいました。まあおかげでダイエットの方も大きなリバウンドもなく今日に至っているので、結果的には大成功と言っていいでしょうね。
ランニングを始めてからの二年間、僕は基本的に一人で走ってきました。何度も言うようにランニングの大きな魅力の一つがこの「一人でできる」ことであることは間違いありません。チーム競技のように他のメンバーに迷惑をかけることもないし、他人と比較されることもありません。ライバルは昨日までの自分ですから、僕のようにスタート時のレベルが低い人間は、それを越えていくことは比較的簡単にそして確実にできます。そんな風にマイペースに続けられたことが、ランニングにはまっている今の自分を作ってくれたことは間違いありませんが、それでも二年も続けているとだんだんモチベーションも下がっていきます。今にして思えばあのまま一人でランニングをしていたら、今頃はすっかり走らなくなっていたかもしれません。それが、昨年の春頃からイベント等に積極的に参加するようになって、同じようにランニングを趣味にしている方々とお会いする機会が増えました。特に昨年から月一で行われているランステのイベント、「ランステスペシャル」に参加したことが僕にとっては大きい!僕自身は6月の「下町ラン」からの参加ですが、このイベントのおかげでたくさんランニング仲間ができました(ランの後の「打ち上げ」によるところが大きい…笑)。しかし僕の「ランニングライフ」を大きく変えてくれたのは、何と言ってもジェイさんが主催する「TNRC」のメンバーになれたことです。今や僕のランニングライフにとって(というよりも僕のライフそのものにとって)大きな存在になったTNRCのお友達との出会いが、昨年の後半の半年をずいぶん充実したものに変えてくれました。そしてここでの出会いが2009年も充実したものにしてくれるであろうことは間違いありません。そんなたくさんのお友達に感謝しつつ、今年も走り続けていきます!どうかみなさん、今年もよろしくお願いします。

写真は自宅のベランダから見た、今朝のほぼ日の出の時刻の富士山です。
Img_4013

「今年は良い年にするぞー!」

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ