最近のトラックバック

ダイエット

そもそものきっかけは… その5

ジムでのトレーニングの前後には有酸素運動が入ります。トレッドミル(っていうんですね。ようするに「ランニングマシン」)を使って走るか、サイクルマシンを使うか、いろいろ用意されているのですが、なにげに僕はこれが苦手でした。何が辛いといって、同じ場所で同じ景色を見ながら長時間同じことをすることが苦痛でならなかったのです。フロアにはテレビなどもありますから多くの方はテレビを見ながらやっています。僕自身このダイエットをはじめるときにご褒美(最初にご褒美を与えてしまうのはどうかと思いますが…爆)としてiPod Nanoを買っていたので、基本的にジムではこれで音楽を聞きながらトレーニングしていたのですが、それでもやっぱり同じ場所で同じことを続けていくことは退屈でなりませんでした。
Img_6625







(懐かしの初代nano!一年ほどでバッテリーがダメになりました…涙)
そこで考えたのは、「どうせ走るのだったらこんな建物の中で走るのではなく、外で走ろう!」考えてみれば家の近所には良い散歩コースがあります。ここを走っている人をよく見かけます。だったら外を走ってからジムに行ってトレーニングすればいいじゃないか。そんな風に考えました。本当は最初の有酸素運動はウォーミングアップ的な意味合いなので、僕のようにジムまで歩いて通っている場合、それが有酸素運動になるようです。また、いろいろ調べてみると有酸素運動はトレーニング後に行ったほうが効果的であるようなのですが、僕にとってジムのメインは「風呂」だったりするので(笑)、ジムで風呂に入ってからまた走るのではもう一度自宅で風呂に入らなければならなくなってしまうため、やむなく最初に走ることにしました。

そもそものきっかけは… その4

Img_6860






最初にはじめたのが筋トレでした。本屋でこの本を買ってきて(魅力だったのは「一日10分間トレーニングするだけで結果が出せる!」という言葉でした)、自宅に転がっていたダンベルを使って簡単なトレーニングを週三日ペースではじめました。また、このころはじめて「ターザン」なる雑誌を購入し(まさかこんな雑誌を自分が手にするなんて思ってもいませんでした。今では毎回ではないまでもなんだかんだと購読している自分がいるのですから不思議なものです)、そちらの記事なども参考にしながら筋トレを続けました。同時に(もっとも当初これはそれほど「運動」という意識ではありませんでしたが)とにかく散歩をするようにしました。あらためて気付くと自分の家の周りには散歩するにはちょうど良い遊歩道がたくさんあります。夏で日が長いことを利用して夜に散歩をしたり、休日には車で10分ほどの距離にあるショッピングセンターまで歩いて行くようにしました。歩くと30分程度、往復で1時間。当然店の中を見て歩くことになりますのでそれに1~2時間。トータルで2~3時間歩くことになります。この年の夏には本当にこの場所によく行きました。さすがに後半は行っても見るものが無くなってしまいましたが(笑)。ちょうどこのころガソリン代の高騰などもあったので、それもきっかけになりました。くだんの「ターザン」にもウォーキングなどの有酸素運動はダイエット効果大!とあったので、この年の夏はひたすら歩きました。
20060904200854






8月に入ると近所のジムに入会しました。実はその昔一度入会して、数ヶ月で退会している前科を持つジムです(あ、いや、前科を持っているのはジムのほうではなく、僕の方ですね…汗)。平日の夜(20:00~22:30)のみ施設を利用できるナイト会員になって、仕事が終わったあとの時間を利用しようと考えたのです。仕事を終え、軽く食事を取ったらジムに行き一時間ほど汗を流す。その後施設内の風呂に入って帰ってくる。なにげにこの「風呂」というのがポイントで、夏場だと自宅ではあまり風呂は沸かさず、シャワーで済ましてしまうことが多いのですが、ここに行けば風呂に入れるので、「ジムに行く」というよりは「銭湯に行く」(銭湯にしては高いですが…笑)という感覚で通っていたら、結構まめに通うことができました。自分の中で平日のタイムテーブルがうまく作れたのもよかったのだろうと思います(比較的残業などの無い仕事についているおかげではあるのですが)。結局平均すれば週3回くらいのペースで通いました。

そもそものきっかけは… その3

その翌年(2006年)の春についに40歳を迎えると、ますますその思いを強くしました。かっこいい言い方をすれば、「今という時間をもっと主体的に生きよう」
こんなふうに少しづつですが考えるようになってきました。
この年の夏、個人的にいろいろあったこともあり、また、8月末に「人間ドックデビュー」を控えていたこともあって、7月の後半ぐらいから、まずはダイエットをはじめることにしました。「生き方」それ自体を変えるのはそう簡単にはいきませんので、せめて見た目だけでも「みっともない」程度にはしたいなと…。車のBlogを通じて知り合うことが出来た人生の先輩たちが、あまりにも「かっこいい年の取り方」をしているのを見て、自分も最近はやりの「ちょいワルおやぢ」まではいかなくても、こんなふうに「かっこいい年の取り方をしたい!」と考えるようになったからです。
Img_6803




暑い日が続いて食欲が減退していて、しばらくそうめんばかりを食べていたため、体重はあっという間に減りました。その前の年の10月に行った健康診断時に74.4kgあった体重は、あっという間に67kgまで落ちました。おそらく夏の減量開始前はピーク時よりはいくらか体重も減っていたと思うのですが(ダイエット開始後しばらくしてから体重を量りだしたのでスタート時の体重は量っていないんです)、それにしてもおそらく一気に5kgぐらいは減ったと思います。しかし食欲はすぐに戻ってきます。さすがにそうめんのようなものばかりを食べつづけるわけにもいかず、多少気をつけてはいたものの、気付けばまたすぐに70kgに近づいていました。

これではいかんと次に考えたのは「運動」でした。自慢ではないですが生まれてこの方、運動とは無縁の生活を40年間してきました。大学時代に少しスキーをやったぐらいで、趣味としてのスポーツなど自分の中に何もありません。むしろ自分の中からスポーツというものはできるだけ遠ざけてこれまで生きてきました。もちろん小学生のころから運動会は大嫌いでしたし、小学生の卒業アルバムには「走るの遅い一番!」なんていう勲章(?)が書かれているくらいです(それではあんまりだ!と直訴したら、もうひとつ書き加えてくれました。それは「あだ名の多さ一番!」…orz)。小学校のクラスで組んでいた野球チーム(結構そういうことで盛り上がるクラスでした)では僕は三軍でした。一軍はクラス内のリトルリーグに所属しているような男子や運動部に所属しているような男子で組んだ選抜チーム、二軍はそこに入らなかった男子と特に運動能力の高い女子が加わったチーム、それにも入れなかったのが三軍ですから、僕の運動能力の無さがわかっていただけるでしょう(爆)。
P1000006








スポーツのできない自分が、女の子に振り向いてもらうためにはどうしたらいいかを真剣に考えて出した答えが音楽で(爆)、中学高校はブラスバンド部、大学に入ってからはバンドを組んで現在にいたる(そのバンドが今でも続いているのは自慢ですが)というわけで、特にここ数年は年に一度くらいは行っていたスキーにも行かなくなり、10年ほど前から車通勤をはじめると、歩いて5分のコンビニさえも車で行く始末、もともと嫌いだった運動が自分の生活の中に入り込む余地はまったくありませんでした。
P1m

そもそものきっかけは… その2

Photo

2006年の夏に車を乗り換えました。その車が初めての輸入車であったことや、これまで自分が乗ってきたことのないスポーツタイプの車だったこともあって、その情報収集(情報共有)のため、Blogをはじめました。このBlogを通じて僕は思いがけず、「新たな出会い」を数多く経験することが出来ました。
この年になると「新たな出会い」を経験する機会はどんどん減っていきます。出会いがあったとしてもそれは例えば仕事上のものであったり、これまでの関係性の中からきたものであったりして、ある程度相手が限定されますし、結局その出会いは一過性のもので終わってしまいます。第一、新たな人間関係を築くこと自体、この年になると面倒になって、自分から進んでそれを作り出そうなどとはしなくなってしまいます。
当然僕もそんなひとりだったのですが、このBlogをはじめたことで、まずはネットを通じてお話しする友人が増え、それがやがてオフラインでもお会いするような関係性に発展していきました。「車」という共通項はあるものの、それ以外は年齢も職業も、住んでいる地域もまったく違う方々です。僕がこれまで通りの生活をしていたならばおそらく決して出会うことがなかったような方たちとの出会いを、Blogのおかげで数多く経験させてもらいました。
Img_3232

この経験は僕にとっては大きなものでした。特にそれが幅広い年齢層の方々との出会いであったことが僕には大きかったように思います。自分よりも若い人たちの姿を見ていると、「あのころの自分はこんなふうに活き活きしていたんだろうか」、また、自分よりも年長の方々の姿を見ていると、「今から数年後を迎えた時に、自分もこんなふうに年を重ねていられるだろうか」、そして同年代の方たちからは「今、自分はこの人たちのように充実した時間を送れているだろうか」。こんなふうに書くとちょっと大げさですが(笑)、この車を通じて出会ったみなさんが、ご自分のライフスタイルの中にこの車との生活をうまくとけ込ませているのを見て、僕も単純に「自分はこの車に似合うような人間でいるのだろうか」と考えるようになりました。そう考えた時、自分があまりにも「今」という時間をだらしなく過ごしているなあと感じるようになりました。あまりにも「今」と言う時間を、「まあ、いいか」というあきらめの中で過ごしているように感じられたのです。
Img_6990

そもそものきっかけは…

そもそものきっかけはおととし(2006年)の夏からはじめた「ダイエット」でした。
その前年(2005年)の健康診断の結果がこれです。
身長:169.0
体重:74.2
BMI:26.0(ふとり気味)
GOT:21
GPT:39
γ-GTP:25
総コレステロール :167
HDLコレステロール:49
中性脂肪:139
血糖:87
尿酸:6.8
医師の診断:肝機能要観察
Img_1015_4








ごらんの通り、このころはメタボ街道まっしぐら!特に体重の数値は過去最高を記録し、これは見た目にも大きな影響を与えていました(爆)。もともとの素材自体の出来が良くないところにもっていって(笑)、こうして無駄に着いた贅肉によって、今にして思えばとても見られたものでは無かっただろうと思います。
とは言え、正直言えばその時はそれほどの危機感を感じてはいませんでしたし、ましてや今さらスマートになってかっこよくなりたい!などと大それたことを思っていたわけでもありませんでした。せいぜい「まあなんとかこの程度でおさめておかないとまずいかなあ」くらいにしか思っていませんでした。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ