最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

多摩ラン?!

今週末は各地でレースが行われていますね。わがTNRCのメンバーも勝田マラソンや新宿シティハーフマラソンなどに何人か参加されています。みなさん頑張ったんだろうな。
…というわけで、僕も走ることに(笑)。本当は都心に出ようと思っていたのですが、新宿シティハーフをやっていることを考えるとどこそこ混乱しているのではと思い、地元を走ることにしました。
コースは、ある程度まとまった距離を走りたかったので、いつも走っている乞田川→多摩川のコースに、以前TNRCのみなさんをご案内したよこやまの道のコースをつなげて、それに+アルファすることで作ってみました。

まずは自宅近くの乞田川沿いの道から多摩川に出ます。ずいぶんたくさんの人がいます。ランナーもたくさん!
Dvc00022










次はよこやまの道に向かいます。よこやまの道は尾根伝いの道、そのためここから一気に上ります。これが結構キツイ!
Dvc00023










まだまだ上り!
Dvc00024

































この階段を上った場所からの眺めがこれ!先ほど走ってきた多摩川の橋が遠くに見えます。ここまででだいたい10kmでした。
Dvc00026










ここから桜ヶ丘公園を抜けて
Dvc00030

































そしていよいよよこやまの道。入り口にはこんな橋が…。
Dvc00032

































こんな感じの道を走ります。尾根沿いの道なので眺めも最高!
Dvc00035










そうしてたどり着いたのが「ぐりーんうぉーく多摩」というショッピングモール。ここで少々休憩、お昼を食べることにしました。とはいえ、このあとも走るのであまり重たいものは…。第一、こんな格好(それも汗だらけ)でお店にも入れません。するといいものを見つけました!
Dvc00038

































これです!
Dvc00037

































このボリュームで500円!むちゃくちゃおいしかった!ここにはしょっちゅう来ていた割に、こんなものがあったことも気づきませんでした(おそらく休日だけ出店しているのでは)。今度からちょくちょく利用します!おすすめ!
Dvc00043










それからこの裏にある長池公園へ。ここにも人がたくさんいました。ずいぶん洒落た公園で、近くには結婚式場もあります。で、ここから向かったのは…。
Dvc00046










南大沢のアウトレットです。ここもすごい人!こんな格好で立ち寄る場所ではありませんね(汗)。
本当はここから走って自宅まで…と考えていたのですが、やはりよこやまの道のアップダウンは堪えたので、結局電車で戻りました(涙)。
それでも約28km、時間にして3時間のランでした(休憩時間除く)。まあ距離以上の負荷はあったと言うことで勘弁してもらいましょう(…って誰に?!笑)。とりあえずなんとか今月も200kmはクリアしました。

織り姫彦星ラン!

先週の木曜日の話なのですが、この日は午後から新宿出張…というわけで当然走りました(笑)。
予定より早く仕事が終わったので、「どうせなら長距離を…」と思い、麹町のランステを起点に、以前僕が参加したランステスペシャルの「織り姫彦星ラン」のコースを走ることにしました。思い起こせばこのイベントに参加したのももう一昨年のこと。時の経つのは早いものです(しみじみ…)。逆に言えば「いまだに走っているんだな、自分!」とちょっと嬉しくも思います。
このコース、基本的には隅田川テラスを走るものなのですが、その時のイベントはなかなかおもしろい企画で、ランステ(その時は神保町起点でした)から両国橋に向かい、そこから隅田川下流に向かう「織り姫チーム」と上流に向かう「彦星チーム」に分かれ、最終的に清洲橋のあたりで合流(つまりこれが「織り姫彦星」たる由縁!)して、そこからはいっしょにランステに戻って来るという、なかなかロマンチック(?!)なイベントでした。当然この日は僕ひとりですから、その「織り姫」「彦星」両コースをつないで走ればそこそこの距離になるだろうと考えたのです。
そういうわけでまずは麹町から両国橋まで向かいます。平日の夕方の靖国通りは人通りも多くいささか走りにくい!当然信号も多いのでそれもわずらわしいのですが、この日はとにかく距離を稼ぎたかったので、基本信号で止まった場合青になっている方の横断歩道を渡るようにしました。つまりそれによってこれまで走ってきたのとは反対側の歩道に出ることになります。どのみちそこで信号待ちをするのですが、まあ景色も若干変わるし距離も若干(?)増えるから良いかと…(笑)。
浅草橋のあたりから隅田川テラスに出て、そこからまずは上流へ(彦星コース)。ランステスペシャルで走ったとき、僕は彦星チームでしたので、まさにその時走ったのと同じコースなのですが、一昨年のことですからすっかり忘れています(汗)。ただ、ところどころで「そう言えばここでトイレ休憩したな」とか「この景色は見覚えがある!」なんて場所に巡り会います。もっとも実はこのコース、東京マラソンのコースでもあるし、昨年の夢舞いマラソンのコースともかぶっているので、僕にとっては結構おなじみなものではあるはずなのですが、アプローチが違うとずいぶん印象が違って見えるものですね。
蔵前橋からいったん隅田川テラスを離れて春日通りへ、浅草に向かいます。言うまでもなくこれは東京マラソンのコース!考えてみれば先週末もここを走っていたんですね(笑)。浅草の遊覧船乗り場のあたりからふたたび隅田川テラスへ。歩行者用のエックス型の橋(名称不明)まで来たらそこで対岸へ。今度は下流に向かって走ります。こちらの対岸のコースは昨年の夢舞いのコースですから(もっともアプローチは逆ですが)ある程度わかりますし、両国橋まで戻って以降は最近お気に入りの隅田川テラスのコースなので「勝手知ったる」です(笑)。
確かそのイベントの時は確か彦星チームのペースが速かったため、予定の清洲橋よりも奥の永代橋のあたりで織り姫チームと合流して、そこで記念撮影などをした記憶があります。正面から「織り姫チーム」のみなさんが見えておたがいに手を振りあったことが、とても楽しい思い出として残っています。そういえばそこからランステまでの帰り道は、当時はもちろん一般参加されていたジェイさん(でも僕を含めてその日参加した何人かは間違いなくジェイさんをガイドランナーだと思っていました…笑)が先導してくださって、結構なペースで神保町のランステまで戻ったことを思い出します。そのころはまだランステスペシャルで何度かジェイさんのお顔は拝見していたものの、お友達になる前でしたから多少言葉を交わした程度だったんですよね(笑)。
ここからの後半、本当はかちどき橋まで行って帰ってくるのですが、日が暮れてきて一気に寒くなってきたため、ショートカットをして中央大橋で折り返し、そこから今度は対岸をひたすら隅田川上流へ。両国橋まで戻ったらあとはそこから麹町へ…。結局約27kmほどのランになりました。なかなかよいコースだったのでまた走ってみようと思います。
Photo

箱根駅伝ラン?!

おとといの晩はTNRC定例の練習会の日でしたが、この日僕は仕事で20時まで会議が入っていたため(ただラッキーなことにその会議はランステのすぐ近くの場所で行われていました)、集合時間の19時半には間に合いません。この日の練習会はジェイさんもnobuさんもお仕事でラン参加は難しいと言うことで、SSNさんが仕切ってくださいましたが、久しぶりの皇居周回とのこと。終了後の打ち上げはだいたい21時半以降から始まることを考えれば会議終了後でもなんとか二周はできそう。できれば周回しているみなさんとどこかで合流できればラッキーと思い、会議終了後急いで着替えて皇居に向かいました。もっとも実はこの日参加されたみなさんの多くは、やはりお仕事等で定刻集合はむずかしかったようで、僕が着替えてランステを出て行くときにHさんとmariさんがランステに到着されていました。
とりあえず今日は距離が短い分、ペースを上げて走ろうと思い、一周目はキロ5分ペースを目標に、二周目は4分台をキープするように走りました。二周目の気象庁前あたりでみなさんと合流できましたが、一応ペースを作っていたのでとりあえず一足先にゴールだけさせていただきました。わずか10kmと距離としては物足りないものでしたが、なかなか気持ちよく走ることが出来ました。今回しきり役のSSNコーチと、先日行われた  マラソン以降ちょっと足に痛みがあるというmariさんはここで終了して店に向かうということだったので、僕もそちらに合流しましたが、残りのKyPさんとKさん、そしてHさんの三人は「もう一周行ってきます!」とゴール地点を通り過ぎていきました(ちなみに例によってKyPさんは一足先に走っていらっしゃったようで、結局4周なさったようです…笑)。
その後はいつもの中華で打ち上げ!仕事に戻る(!)というKyPさん以外の5人と、仕事を終えて合流してくださったジェイさんとの6人で、この日の話題は先日も話題に上った「箱根駅伝ラン」についてでした。なんでも先週末行われたフロストバイトハーフマラソンの打ち上げの際に、そこに参加されていたKyPさんのお仲間も含めてこの話題で盛り上がったらしく、「合同企画」という線で話が進んでいます。
この企画、ようするに箱根駅伝のコースを、何人かでチームになって、実際のレースの分担よりも短い距離(5~10km程度で考えています)を繋いでゴールするというもの。二チーム作れれば同時に二人は走っていることになり、それ以外のメンバーは車で移動。ゴールの箱根でどこか宿をとってその日はそのまま宿泊!というなかなかおもしろい企画です。一応現時点では5月後半を実施時期として考えています。なにげに走ったあとに宿泊できるのはうれしい!考えてみると例えば昨年の富士五湖などはスタート時刻が早朝であるため、どうしても前日泊せざるを得ず、せっかくみんなと宿泊できてもさすがにレース前日に羽目を外すわけにも行かず(笑)、その意味では少々残念であったのですが、今回はそもそもレースではないし、それもラン終了後に宿泊できるので、思う存分羽目を外すことが出来ます(笑)。その意味でもこの企画、とっても楽しみです。実現すると良いなあ…。

東京マラソン試走会!

今日はランステ主催の『春のフルマラソンチャレンジ 42kmペース走』に参加してきました。今年はこんなネーミングになっていますが、ようするに東京マラソンのコースをそのまま試走するというもので、昨年僕はおそれ多くもガイドランナーをさせていただき、二度ほど走らせてもらいましたが、今年はお客さんとして参加させていただきました(笑)。当たり前ですがやっぱり全然気楽ですね!逆に言えばやっぱりガイドをするというのは大変なことなんだとあらためて実感しました。
それはともかく、実は今日は最初からつまずいていて、朝寝坊をしてしまい(自慢じゃないけど普段朝寝坊はまずしないんですが、昨日は職場の新年会だったもので…汗)集合場所に着いたときにはすでに開始前のレクチャーが始まっていました。あわてて着替えて荷物を預けたものですから、心拍計のフッドポッド(シューズにつけて距離を計測するためのセンサー)を荷物から出すのを忘れ、距離計測と速度計測をし損ねてしまいました(涙)。iPodは持っていたのでNike+では計測していたのですが、こちらはいささか精度に難ありで、特に距離の表示はかなり長めに出て全く信頼できません。まあ東京マラソンのコースをそのまま(もちろん歩道を走ることになるわけですが)走るので、少なくとも42.195km走ることは間違いない。ただ、普段まめにチェックしているスピード表示もされないのでかなり不便でした。
朝の9時にスタートして途中何度かの休憩をはさんで結局ほぼ6時間ジャストの15時にビッグサイトにゴール!僕は最初のグループに入れていただきましたが、13人いたメンバーのうち7人が最後まで走りきりました(それ以外のみなさんは翌日レースがあったりで最初から途中で切り上げる予定だった方)。天気が良くお日様に当たっているぶんには暖かいのですが、日陰になるととたんに寒くなる!まあでもこの時期のランニングのコンディションとしては最高だと言っていいでしょうね。僕自身は先日の帰宅ラン以来のランで、それもこれだけの長距離はかなり久しぶりだった割には、なかなか快適に走りきることが出来ましたのでよかったです…って、それでレポート終わりかよ?!





実は僕にとってここが本当のスタート地点!今回のランには僕なりのテーマがあって、

「フルマラソンの距離を走り終えたあと、どれだけ走れるか?」

昨年われらがジェイコーチがやはりこのイベントのガイドランナーをなさったときに、ゴール地点のビッグサイトから麹町のランステまで走って帰った(ちなみに普通は電車で戻ります)とうかがって、「よし!僕もやってみよう」…というのも、今年も性懲りもなく富士五湖チャレンジにエントリーしており(それも今年は100km!!)、距離に対する耐性をつける必要があるからです。そういえば去年このガイドランナーをやったとき、一緒にガイドランナーをやっていたKyPさんにまさにこのゴール地点で、「MazKayさん、ウルトラはこのゴールのあとにもう少し走ることになるんですよ」と言われ、はじめて具体的にウルトラノ距離というものを認識したことを思い出します。そんなKyPさん、今日のこのイベントに参加されていて、ゴールもほぼ一緒だったのですが、そのKyPさんに、「これからもうひとっ走り行って来ます!」と言ったら、にこにこして「いってらっしゃい!」って言ってくださいました(笑)。やっぱりあの方は人をその気にさせる魔法使いかもしれませんね。

まずは来た道を戻り、「ゆりかもめ」に沿って「有明」、→「有明テニスの森」→「市場前」と来て「「新豊洲」の手前の交差点を左折して晴海通りへ。そこからしばらくまっすぐ。
歌舞伎座の前を過ぎて東銀座の「三原橋」の交差点に出たら左折、昭和通りへ。このコースは昨年の「夢舞い」で僕が警備を担当したエリアです。しばらく道なりで「新橋」「虎ノ門」を過ぎて「山王下」の交差点を左折、赤坂に向かいます。実はこのあたりのコースは一昨年の「夢舞い」のコースで、「乃木坂」の駅を過ぎたところで階段を上り、青山通りを目指します。青山通りに出たらやはり左折、「青山一丁目」交差点を右折。「権田原」の交差点を右折、あとはいつもの迎賓館を目指し四ッ谷に出るコースです。四ッ谷から麹町のランステを目指しゴール!ジョギングシミュレーターによるとだいたい13.5kmほどの距離。実際に走るともう少し無駄が出る分距離が伸びますからまあ約14kmくらいでしょうか。その前の東京マラソンコースはもちろん42.195kmですが、これも歩道を走る分その距離は結構延びて、昨年走ったときは確か44kmほどになっていましたから、これをあわせれば約58kmほどでしょうか。本当は60kmを目指したかったのですが…。
Photo










今回はそれなりに収穫があって、それは

① 初めからフル以上の距離を走るつもりだったので、前半セーブしたおかげか、もちろん疲れはしたものの、それほど大きなダメージ無く走り切れた。

② なにより気持ちが最後まで萎えなかったのがうれしい!途中で「やめよう」「やめたい」とは一度も思わずにすみました。もっとも四ッ谷中学(ここが夢舞いのゴール)に着いたとき、「げ、ここからまだ麹町に向かうんだっけ…」と少しうんざりしましたが(笑)。

③ 今回フッドポッドを忘れたおかげで、心拍数をちらちら見ていた(普段は速度表示にしています)のですが、なにげに145あたりをキープしていると気持ちよく走れるような気がします。長距離を走るときはとにかくゆっくりならば良いかというと、そうではないことは以前葛西で行われた12時間走の時に実感していますが、どうやら145あたりをキープできる速度(これがどれくらいかは今日は分かりませんでしたが…涙)で走り続けると良さそう…今度試してみよう!

まあ自分なりに頑張れた訳ですが、でもこれの二倍近く走るんですよね、富士五湖では…(涙)。

ひさびさの帰宅ラン!

今日は寒かったですね!そんな中、実に8日ぶりのランを決行。久しぶりの帰宅ランです。走り出してすぐに「お、体が軽い!」間があいてしまった割には調子良く感じられました。もっともその一方で最初の5kmほどは足が思うように動かず、特に右足首が痛い!まあこの時期のランは毎回そうで、足に十分血が回るまではどうしてもこうなります。
ちょっとだけ遠回りをして15kmのラン(普通は13.5kmほど)でしたが、半分の7kmを過ぎたあたりから足の痛みも消え、なかなか快調に走ることが出来ました。それにしてもあれですね、あらためて走ることの気持ちよさを実感しました。なんだか体が生き返ったみたいです(笑)。

結局…(涙)

二日間、走ることはおろか、ほとんど外に出ることもなく過ごしました(涙)。おかげでだいぶ調子は戻ってきましたが、それでもまだ本調子というところまではいきません。
結局ほとんど自室にこもって音楽に浸っていました。
P1010436






















写真は自室スタジオ、その名も「Blue In Green Studio」!(ちょっと恥ずかしい…汗)
大好きなBill Evansの大好きな曲のタイトルからつけました。
ここでピアノ(というかキーボード)を弾いたり、曲を作ったりしているわけです。
そんなふうにして出来た曲のいくつかをこちらで公開していますので、お聞きいただけたらありがたいです。

musictrack

それにしても
早く走りたいっす(涙)!

新年早々…(涙)

昨日の土曜日は仕事だったのですが、朝から今ひとつ調子が悪い…。風邪のような症状で、あげく仕事中にちょっと立ちくらみまで起きる始末。帰宅して薬を飲んで早々に寝たのですが、今日になって調子は変わらず…。熱はないのでインフルなどではなさそうですが、それでも結局一日家にいる羽目に…(涙)。
何が辛いって、せっかくの休日、それもこれだけの晴天で陽気もまずまずなのに走れないこと!せっかくこの連休で距離を稼ごうと思っていたのに、どうやらそれどころではなさそうです(涙)。本当は明日、OT師匠と高尾トレイルトレーニングをするつもりでいたのですが、それもあきらめるしかなさそうです(OT師匠、ごめんなさい!)。新年早々がっかりですが、仕方がないですね。まずはしっかり治さないと…。

それにしても、あらためて実感しますが、「走れない」ということが今の自分にとってどれだけストレスかということ。この時期はさすがに寒いのでランニングの格好をして外に出るときにはさすがに「嫌だなあ…」なんて思うのですが、それでもこうして走れなくなると、そのこと自体がストレスになって、体だけではなく、気持ちまで参ってきます。どうやら今や「走る」という行為は僕の中で完全に自分の一部になっているようです。それだけに体は大切にしなければなりませんね。みなさんもお気をつけください。
P1010431

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます…って、年が明けてからもうずいぶん経ってしまっていますよね(汗)。
思えば2006年の8月から走り始めて、気づけば3年半…飽きっぽい自分にしてはよく続いているなと、われながら感心しています。まあそれもこれも「ランニング」という楽しみを共有できる仲間と出会えたことが大きい!そんな出会いが「ランニング」だけでなく、、僕自身の世界を広げてくれたことにもあらためて感謝したい今日この頃です。

昨年の年の初めに掲げた目標のうち(あれからもう一年か…やっぱり時間の経つのは早い!)、「月間走行距離200km」というものだけはほぼクリア(実は二ヶ月ほど届かなかった月もありましたが、まあ大きく上回っている月も合ったのでそこは勘弁してもらいましょう)。一昨年の9月から何とかこれだけはキープしているので、今年もこの目標は達成したいと思っています。

昨年初めてチャレンジしてなんとか完走を果たした「チャレンジ富士五湖」に、実は今年もエントリーしてしまっています(汗)。それも何を血迷ったか今回は100km!(前回は72km)ゆっくりペースで走ったものの去年の72kmでさえもやっとやっとだったことを考えると、いささか無謀なのですが、今年のランニングにおけるひとつの大きな目標として、完走目指して取り組んで行けたらと思っています。3月には4回目のエントリーになる荒川マラソンもひかえています。昨年トライしたフルマラソン(荒川・東京・湘南)では思うような結果は出せませんでした。自分なりにそれなりに頑張ってきたつもりでいたので、記録が伸びないことに対して正直かなりへこんでいました(それもほぼ毎回後半足がダメになって走れなくパターンの繰り返し!)。ただ考えてみれば40歳になるまで文字通りスポーツとは全く無縁だった(つまり体を動かすことを40年間サボってきた!)自分が、今こうして月間200km走り、42.195kmや72kmなんていうレースを完走できるようになっただけでも大した成長だと言えるのではないかと、最近は思えるようになってきました。もちろんこれからもたとえ少しずつでも記録を伸ばせるよう、それなりに努力はしていきたいと思っていますが、あまり記録にこだわることなく、あくまでランニングを楽しんでいきたいと思っています(まあようするに言い訳です…汗)。無理せず長く続けることで少しずつ結果が出てくれたらいいなと思っています。

このBlogも再開してはまた放置の繰り返し…(汗)、今年は少しずつでも更新できたらと思っているのですが…(苦笑)。まあ何はともあれ、こんな僕を今年もどうかよろしくお願いします!

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ