最近のトラックバック

« 汐留ラン! | トップページ | エア イクアロン+3 »

ランニングシューズの寿命

ちなみにみなさんはランニングシューズをどのくらいのサイクルで履き替えていらっしゃるのでしょう?ランニングの本などにはアウトソールが減ってミッドソールが見えてきたら交換時期だと書いてありますが、その観点で見ると僕のシューズはどれもそこまでソールは減っていません。とはいえ、シューズの寿命はソールの減りだけではないはず。ヒールカウンターのへたりや、クッションのへたりなど、見た目にはわかりにくい部分での劣化というのも当然ありますよね。
ランニングシューズの寿命について調べてみたら、ソールの減り以外に
「走行距離にして1,000km、使用しない状態で保管しても4年」
という目安もあるようです。
これを教えてくださったこちらのサイト(「走る、走れば、走るとき」)にはランニングシューズの寿命について、特に「ミッドソールのへたり」という観点から写真を使って詳しく解説してくださっています。
ちなみに寿命と思しき3足の、現在のソールの状態はこんな感じ。
P1000985




















GT-2110ニューヨーク

P1000976


ストラクチャートライアックス10+

P1000983




















ウェーブライダー11


特に「ストラクチャー」は、確かに購入時と比較して、ミッドソールのへたりからかくぼみが浅くなっています。ちなみに新品の「イクアロン」のソールと比較した写真がこちら。
P1000978

僕はこれまでのランのほとんどをNike+とSUUNTOの心拍計(PC POD)で記録してきているのですが、それらによると現在までの総走行距離は
5,500km
ほどになっています。ただ、Nike+を手に入れる前からも走っていたこと、レシーバーを忘れてしまったり、機械のトラブルなどで走ったのに記録されなかったことが何度もあったことなどを考えると、実際はこれよりももう少し走っていることになります。もっともNike+の記録は実際の距離よりも長くなる傾向があるので、記録されないで走った分で帳消しにして、ほぼこの距離がこれまで走ってきた距離と考えてよいのではないかと。この距離にはトレイルの距離も含まれていますが、長く見積もってもせいぜい300kmというところ。一番最初に購入して今は現役を引退したNikeの「モアレ」と、足が合わずに今は履いていないMIZUNOの「ウェーブエアロ5WIDE」(ただ一時はこれとMIZUNOの「ウェーブライダー11」を交互に履いていましたのでそれなりには履きました)、そして購入したばかりのNike「ヴィクトリー」で走った距離は、すべて合わせて(これも多く見積もって)1,000kmほどでしょうか。これらを差し引いた4,200kmの距離を、残りの4足で走ったことになります。比較的新しいASICSのシューズ(「GT-2130ニューヨークSlim」)での距離は、おそらく500km程度でしょうから、これを引いた3,700kmを3で割ると1233.333…。シューズによって多少ばらつきはあるとしても、残りの3足のシューズはどれも1200kmほど走っていることになります。少なくともどのシューズも1,000kmを超えていると言っていいでしょう。
シューズの寿命について、別のサイトでは

トレーニング用         800km~1000km
トレーニング・レース用       500km~ 700km
レース用            300km

とありました。上記3足はすでにレースでは使っていませんので「トレーニング用」ということになると思いますが、いずれにしろ走行距離1000kmを越えた今、やはり寿命であると考えてよさそうです。

« 汐留ラン! | トップページ | エア イクアロン+3 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

Mazkay様
シューズの寿命って難しいですね。
私は、基本的にNIKEユーザーで、今までカタナ4、カタナS5、カタナケージ3、現在は、レース用スピードケージ、トレーニングはトライアックス11です。

カタナ4は最初のランニングシューズ。半年ほどでつま先のあたりに穴が開き寿命。
ここ半年はトーレニング用にS5を履いていましたが、もう拇指球あたりのアウトソールのいぼいぼは全て消滅しています。

レース用はケージ3でしたが、アッパーに穴が開き、現在トレーニング用。

現在はトレーニングはトライアックス11かケージ3、レース用はスピードケージです。

トライアックスは長持ちしそうですが、それ以外は減りが早いなーという感じです。

私はたまに、シューズが汚れると洗剤で洗っています。洗うことの是非はあるようですが、自分で手入れすると愛着が湧いてきますね。

寿命が来たシューズもなかなか思い出があり捨てられません。

やはりレース用シューズは半年くらいのものですか。軽くそれでいてグリップの良いレース用シューズはやはり短命なんですね。そこへいくと僕がこれまで履いてきたシューズは、トレーニング用シューズだったとはいえ、長く持った方なんですね。
僕も汚れるたびにシューズは洗ってしまっていました。きれいなシューズで走る方が気持ちも良いし、おっしゃるとおりでシューズへの愛着もわきますよね。
古いシューズを引退させる決意はようやくこれでできましたが、でもやっぱり捨てる決意まではできないんですよね…。残しておいてもじゃまになるだけではあるんですが…。気持ちとしてはこれまで履いてきたシューズは自分の部屋にでも飾っておきたい気持ちでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/30869651

この記事へのトラックバック一覧です: ランニングシューズの寿命:

« 汐留ラン! | トップページ | エア イクアロン+3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ