最近のトラックバック

« 荒川マラソン その1 | トップページ | 荒川マラソン その3 »

荒川マラソン その2

荒川は河川敷のコースですからほぼフラットです。ただそれでもコース上、川沿いを走ったりそこから土手にあがったりと、ちょっとしたアップダウンはあります。折り返してすぐの22kmあたりだったでしょうか、ほんのちょっとした下り坂でそれは起きました。
本当に「坂」とも言えないちょっとした下りだったのですが、「あれ、ちょっとやばいか」脚が「つる」ような感覚がしたかと思ったら、突然脚が一本の「棒」になりました。文字通りぴんとつっぱったまままったく動きません。動かないだけならよいのですが、脚がつってしまっている状態なのでこれが痛いのなんのって!ただ、前回の荒川でもちょうど同じくらいの距離で、ちょっとストレッチをしようとしたらこれが起きていた(あのときは何とかおさまってくれてゴールできましたが、ゴール後に救護室のお世話になったことは先ほどお話ししました)ので、ストレッチをすると事態がさらに悪化することは分かっていました。足がつってしまっているときに、へたに曲げ伸ばしをしてさらにひどいことになったご経験のある方は僕だけではないはず。こういうときはとにかく痛みがある程度引くまでただじっと待つしかありませんよね。ただ、立ち止まってしまってその痛みが全身にまわってくるのが怖くて(前回ゴール後に起きたのはまさにそれでした)、とにかくびっこをひきながらも立ち止まることだけはしないようにしました。そのうちしばらくすると少し痛みが和らいできます。ただ、その前兆のようなものは残ったままです。そしてそれをカバーしながら走っていると、今度は逆の脚から違和感を感じるようになります。そんなふうにだましだまし走り、ちょっとした坂があるたびにこれの繰り返し(この時にはすでに両脚が交互で起きるような状態)だったのですが、土手に登る坂道を登り切ったあと、ついに両脚にきました。こんな経験は初めてでしたが、時にこのときは、右の足首が変な方向に折り曲がったまま突っ張ってしまいました(足首ってこんな角度に曲がるの?!)。このときばかりはさすがに走り続けることはできず、立ち止まってしまいました。この時点でまだ残り18kmほどあります。さすがに頭の中が真っ白になりました。これは記録どころではなく、完走すら危うい…。とにかくなるべくじっとして、さすったりもんだりして何とかその痛みが引いてくれるのを待ちました。しかしもうこのころになると痛みが引くことはありませんでした。時間だけが無情に流れていきます。「とにかくできる限り前に進もう」そう考えて、ちょっと痛みが和らいだ(というか、「和らいだ」気になって)ところで再び走り出します。もちろん「走る」なんて言える速さではありませんが、それでも歩くことだけはしたくない!その一心で、歩く速さで「走り」ました。ここからはとにかく給水ポイントだけを頼りに走りました。無性にのどが渇きます(コース途中で沿道の応援の方から「塩」をもらって口にしていたせいもあったのかもしれません)。それに給水ポイントではとりあえず足を止められます。最悪の場合、コース上では他の方にご迷惑をおかけしてしまいますが、その場所であれば救護の方もいらっしゃいます。もちろんもうこのころには一切時計は見ないようにしていました。とにかく完走すること、ゴールを目指すこと!それだけでした。コース脇に芝の生えた土手が見えてくるたびに、「いっそあそこで足を伸ばしてちょっと休憩するか」と何度も考えました。このあたりまで来るとそうしている方も何人もいます。実際一度腰を下ろしてみたのですが、痛みがおさまる気配はありません(むしろその痛みが全身にまわってくる気配ばかりです)。こうしている間もどんどん時間ばかり過ぎます。やっぱり走ろうと思って腰を上げようと思ったら、これがまったくどうにもなりません。へたに力を入れようものならそこから「つり」がはじまります。このときばかりは周りで応援している人に「すみません、手を貸してください」とお願いしようかと思いました(苦労してなんとか立ち上がることができましたが)。

« 荒川マラソン その1 | トップページ | 荒川マラソン その3 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/28649427

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川マラソン その2:

» 朝起きると腰・体が痛かったことがある [朝起きると腰・体が痛かったことがある]
朝起きると腰・体が痛かったことがある 朝起きると腰・体が痛かったことがあります。せっかく、気持ちよく寝て、快適に起きようと思っているのに、残念な気分ですよね。原因は、実はハッキリしていました。というのも、以前は、マットレスを敷い...... [続きを読む]

« 荒川マラソン その1 | トップページ | 荒川マラソン その3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ