最近のトラックバック

« 東京マラソン! その1 | トップページ | 東京マラソン! その3 »

東京マラソン! その2

新宿の比較的見慣れた場所…ただし、今自分が走っているのは車道です!それもこの人の数!!今自分の目の前に繰り広げられている景色が、今ひとつ現実感を伴いません。ましてその景色の一部に自分自身もなっているのですから(笑)。考えてみれば1月に走った新宿シティハーフも同じような場所を走るレースだったわけですが(コースはもちろんまったく違いますが)、あのときにはどうしても沿道の応援の声以上に、レースに巻き込まれることになってしまった人々の怒声の方が耳に入ってきました。今回は結局最後までそれを意識することはまったくありませんでした。むしろ封鎖されているエリアの広さや時間の長さを考えれば、これによって迷惑を被る方々への影響は並大抵ではないと思いますし、実際そうしたトラブルもあったとは思うのですが(交通整理をしてくださった警察官の方、そしてボランティアの方々に大感謝です!)、それ以上に沿道の方々の応援の声が大きく、本当に気持ちよく42.195kmを走りきることができました。

話をレースに戻しましょう。スタートする前から、僕はトイレに行きたくなっていたのですが(並ぶ前にトイレには行っていたにもかかわらず)、それが走り出したおさまるどころか強まっていきました。僕は普段それほどトイレが近い方でもないし、この日この時点ではまだそれほど水分を大量に取っていたわけでもなかったのですが、やはり言いようのない緊張感などもあったのかもしれません。これはレース中に絶対一度はトイレに行くことになる、それもある程度早いうちに行かないと、こうして走っていてもそちらの方に気が取られてしかたがない状態になっていました。新宿のガード下ではおそらく僕と同じ状態だったランナーがたくさんいたのでしょう、これだけは今回の東京マラソンで残念な光景でしたが、立ち○ョ○をしている人が何人もいました。この先少なくともしばらくはどのトイレも混雑して並ぶことになることを考えれば、ここですばやく用を足したくなる気持ちは、このときの僕にはよーくわかります。しかし、これはやはりいかんでしょう。
結局我慢できず曙橋のあたりで僕もトイレに並ぶことに。おそらく5分ほどのロスだったでしょうか。このロスは正直この日の僕にとってはかなり痛いものでしたが、まあこれも今の自分の実力のうちですね(やっぱりメンタル面がまだ弱いと言うことなんでしょう)。
5km地点の飯田橋の当たりが最初の給水ポイント。この給水ポイントには何人か知っている人(笑)がいたのですが、想像していた以上にその給水所の規模が大きく、知り合いがどこにいるかさっぱり分かりません。何人か知った顔を見かけたのですが声をかけることはできませんでした(当然向こうにも気付いてもらえず…涙)。このちょっと先、飯田橋の駅の近くにもTNRCメンバーのIGSさんがいらっしゃったのですが、結局こちらも見つけることはできず(涙)。言い訳になってしまいますが、やはり先週の荒川での失敗があったので、とにかくこの日は「サブ4で完走を!あの脚のつりだけは繰り返したくない!」という一念でしたから、自分の気持ちに余裕がまったくありませんでした。もっと余裕を持って、レースを楽しめればよかったのですが(このあたりにもメンタル面の弱さが出てしまいました)。

« 東京マラソン! その1 | トップページ | 東京マラソン! その3 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/28818982

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン! その2:

« 東京マラソン! その1 | トップページ | 東京マラソン! その3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ