最近のトラックバック

« スランプ?! | トップページ | 心拍トレーニング! その2 »

心拍トレーニング! その1

Suunto_t3c_image_1





僕は以前からSUUNTOの心拍計(t3c)を使用しているのですが、考えてみれば心拍数で自分自身の体への負荷がどの程度であったか分かりますよね(笑)。
この心拍計はオプションの「PCポッド」というものを使えば、ちょうどiPodのようにデータをPCに転送し保存することができます。iPodのデータと決定的に違うのはそのランの「平均心拍数」が表示されること(「心拍計」なんですから当たり前ですが…笑)。さらにこの心拍計がすぐれているのは、あらかじめ自分の最大心拍数を入力しておくことで、その日の平均心拍数からその日の運動強度を次の5段階に分けて表示してくれます。

1 マイナー/回復効果
2 持続効果
3 向上効果
4 高い向上効果
5 過剰

ここしばらくの練習データを確認してみたら、だいたい160前後で推移していました。これは僕の場合運動強度で言うと3で、「向上効果レベル」とのこと。その上の4が「高い向上効果レベル」ですから、どうやら平均心拍数をここまで上げる必要があるようです。
問題はいったいどのくらいの心拍数まで上げればこの「高い向上効果レベル」になるかですよね。簡単に言えば、自分にとって「ちょっときついけどこれならなんとか最後まで走れる」という心拍数を見つけてそれをキープして走れたら良いわけです。では自分にとってその心拍数はどの程度のものか…。これが目標心拍数になります。これについてはここに詳しく書かれていて、それによると、

目標心拍数=(最大心拍数-安静時心拍数)×運動強度+安静時心拍数

「ちょっと待って!さっきから最大心拍数って言ってるけど、自分の最大心拍数なんてわからないし、だからといって『限界に挑戦』なんてことしたくないよ!」…当たり前ですよね(笑)。ちなみにSUUNTOの心拍計は、購入してすぐに個人データの入力で「年齢」を入力することで自動的に設定してくれます。なんでも一般的には「220-年齢」という計算式で導き出されるようですが、SUUNTOの計算方法では「210-0.65×年齢」なんだそう。それでいくと僕の最高心拍数は182.7になるのですが、実際はかれこれ8ヶ月ほど使ってきている中ですでにこの数値を更新していまして(笑)、僕の最高心拍数は198です(忘れもしない、ランステスペシャルの皇居駅伝の時にこれを計測しました)。いささか高すぎるので最初は測定ミスかとも思ったのですが、その後も何度か計測していますので(例の最後のダッシュなどで…笑)、どうやら測定ミスではないようです。
で、もうひとつの安静時心拍数は、文字通り一番リラックスしているときにどの程度の心拍数をまで落ちるかということなのですが、僕の場合平均すると50くらい(50を切ることもしばしば…)でしょうか。60くらいが一般的ということなので、僕の場合結構低いと言うことなんでしょうね。

« スランプ?! | トップページ | 心拍トレーニング! その2 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

年明け後仕事忙しくなり、ご無沙汰してます~
自分はPolar使いなのですが、本当のHRMaxはたぶんショートインターバルで徐々に負荷を上げるような時に出ると思います。
僕は205ですが、皇居Dashで198が出るならMazKayさんも僕と同じ位あるかもしれませんね~

心拍TrainingでHRMaxが10違うと%HRMAXで想定する強度Zoneが全く異なってくるので(特にAT付近)、一度ちゃんとしたトラックで鬼コーチなぺーさーに怒鳴られながら追い込むといいかもしれません?!(^^)/

ご無沙汰です!今年もよろしくお願いします!あ、今年こそトレランのレッスンもお願いします、先生!
205ってすごいですね!そんなの出したら死んじゃいますよ!

心拍トレーニングも調べてみるといろいろ奥が深いんですね。こちらも今度じっくり教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/27202502

この記事へのトラックバック一覧です: 心拍トレーニング! その1:

« スランプ?! | トップページ | 心拍トレーニング! その2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ