最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

赤坂サカス&東京タワーラン!

この日はTNRC練習会の日。この日も集合時間の一時間ほど前にランステに着けたので、みなさんと合流する前にあらかじめ一人で走っておくことにしました。そうは言っても先週末のトータル50kmのランが効いていた(確認したら先週一週間だけで84km走っていました!)ので、無理せずゆっくりペース(キロ6分くらい)で一周できればと思って走り始めたのですが、やっぱりだめですね(笑)。いったん走り出すとなんだか気持ちよくて(なにげにこのところ走り込んでいるので逆に体が軽く感じられます)、結局5分前半のペースで一周半、8kmほど走りました。きっとそうだろうなと思っていたら、案の定kayopさんも走っていらっしゃって、何度かすれちがいました。あとでうかがったらkayopさんは二周半ほど走られたようで、まったく上には上がいます(笑)。
そういうわけで他のメンバーとは竹橋で合流。この日集まったのは男性6名、女性2名の計8名。今回は久しぶりにUさんが参加してくださいました。またこの日は、先週末に勝田マラソンに出ていらっしゃったSさんも参加(それがSさんのフルマラソンデビューでした)。結果をうかがったところ、初フルでなんと4時間切りの3時間50分台!みなさんすごすぎです!それに考えてみれば二日前にフルを走っておきながら、今日この練習会に参加しているんですから!なんでもほぼイーブンペースで走り切れたんだそうで、走っているときも走り終えたときも故障などは無かったそう。次回は間違いなく記録更新ですねと言ったら、「勢いで3月に佐倉マラソンにエントリーしちゃいました!」って!!(絶句)みなさんほんと、病気ですよ!(人のこと言えないけど…)
この日のコースは例によってジェイさんが組んでくださいましたが、皇居→神宮外苑→赤坂サカス→東京タワー→皇居と、見所満載!しかし今回ジェイさんはメンバーを見て、「今日のメンバーは走力のある方ばかりなので、ちょっとペースを上げて走ります!」その上このところのお約束、結構アップダウンのあるコース(横断歩道も何カ所か上り下りします!)。距離は15kmほどでしたが、負荷を考えるとそれ以上走った感じでした(例によってラストスパートもあり!)。そういうわけで僕自身は23kmほどのランになりましたが、思ったほど苦しくなかったのはやはりこのところ走り込んでいたせいでしょうか。
ランステに戻るとそこにはA専務が…「遅いよ!」。われわれが戻るのを待っていてくださったようです。当然このあとは飲み会…という流れだったのですが、僕は翌日の仕事の関係でこの日はお先に失礼させていただきました(残念!)。きっと盛り上がったんだろうなあ…(涙)。
P1000046








P1000047

新宿シティハーフマラソン 後編

とまあ、そんな不安を抱えたままのスタートです。スタートのカウントダウンなどがあるのかと思ったら、「あと一分!」というアナウンスのあとは唐突に号砲が鳴りました。僕がスタート地点を通過したのはスタートの1分半くらいあとだったでしょうか。競技場のトラックを一周走ったところで競技場の外に出るのですが、道路に出たとたんいきなり列が止まってしまいました。「なんだ、信号か!」なんてランナーの野次も聞こえてきます。確かにスタートしてすぐは渋滞しますし、ある程度ゆっくりペースになってしまうことは覚悟していたのですが、それにしても立ち止まってしまうというのは想定外でした。それもハーフでこのロスは痛いですね。あとで分かったのですが、車道に出てコース幅が狭くなってしまうことで渋滞が起き、こうなってしまったようです。まあこんな場所で行われるレースで記録をねらって走ること自体もナンセンスなんでしょう。
ついでに最初にこのレースについての愚痴を言わせていただければ、困ったのは距離表示が一切無かったこと!僕が見落としているだけかもしれませんが、唯一僕が気づけた距離表示は「20km」地点のものだけでした(涙)。まあこの新宿シティハーフのコースは国立競技場を中心に周回コースを三周走るもの。その上、「せっかくだからランナーに新宿のいろいろな場所を走らせてあげたい」という配慮からか、その三周がどれも微妙にコースが変わります。それを考えると距離表示をすることは難しいとは思いますが、しかし三周とも微妙にコースが変わってしまうため、そもそも自分が今何周目を走っているのかもわからなくなってしまいますし、まして自分が今どの位の距離を走っているのかなんてことはほとんどわかりません。僕の心拍計には距離表示がもちろんあるのですが、うっかりしてそれを表示させるモードにしておかなかったため、走行中にそれを確認することができませんでした(走っている最中に時計を操作する余裕は僕にはありませんでした…涙)。
それからもうひとつ、これはこのような場所で行われるレースである以上仕方がないことではありますが、走っている間至る所で歩行者の方やドライバーの方の怒声が聞こえてくること。ランナーが道路を占有してしまっているので、道路を渡ったり横切ったりしなければならない場合、ランナーがとぎれるのを待たなければなりません。とはいえなにしろ5,000人のランナーです。そうそう途切れない上に、やはりランナーとしては少しでも良い記録を…と考えてしまうので、立ち止まりたくはありません。となれば当然そこにはトラブルが…。口汚い言葉を怒鳴りながら警備の方の制止を振り切ってむりやり自転車で横切るおじさん(僕はあやうくぶつかるところでした)や、車から「急患で呼ばれているんだ!」と叫んでいるお医者さんらしき人 …そんな声を聞きながら走るのは少々気が滅入ります。その分このレースの警備に当たっていた方には本当に頭が下がります。ましてそれをボランティアでなさっていた方がいらっしゃったのだとすると、その方々には感謝してしきれるものではありません。だって、最初に愚痴ばかり並べてしまいましたが、それらがあったとしても、やっぱりとても楽しいレースであったこともまた間違いないことでしたから。
まずはやはりコースのおもしろさです。単純な周回にしないコースを組んでくださっていることで、そうは言っても21kmというそれなりに長い距離走るレースでありながら、まったく飽きることなく走ることができました。そこいくと荒川マラソンは同じ景色がずっと続くのでいささかうんざりしてきてしまうんですよね(その分もちろんこういったトラブルは皆無ですが…)。また、ドライバーのみなさんには申し訳ないですが、やはり車道を走るランといのも気持ちがいい!普段車で通っている道を「走る」というのはなかなか爽快でした(東京マラソンに人気が集まるのも分かります)。走り終えてすぐにその場で記録証を発行してもらえるのも良かったですね(後半はかなり混んでいたので、並んだ方は大変だったかもしれませんが…)。また評判通り景品の「リュック」は、その作りといい、デザインといい、なかなかのものでした。

正直ハーフのペースをどの程度に設定してよいか分からなかった僕は(また、先ほども言いましたとおり、キロ表示がなかったため段階的にスピードを上げるなどのペース配分もしづらかった)、とにかく今回は心拍数を一定に保って走ることにしました。以前この時に「心拍トレーニング」についてお話ししましたが、とりあえずこのところ速いペースで走るときに意識している「172」をキープするように走りました。心拍数を一定にキープすると言うことは、今の自分にとっての負荷を一定に保つと言うことですので、例えば上り坂などではスピード自体は落ちることになりますし、逆に下りではスピードは速くなります(スピードで管理していると、とにかく一定のスピードにしようとしてしまい、こういう場面で負荷をかけすぎることになったり、変にブレーキをかけてしまうことになったりしてしまいます)。なにげにこれはよかったような気がします。最後まで無理なく走り切れましたから。
問題は結果ですよね(笑)。その日のうちにいただいた記録証によるとグロス(ネット)タイム(すみません!グロスではなくネットの間違いです)で

1時間40分13秒

でした。
正直言うと30分台をねらっていたので、記録としてはいささか微妙ですが、まあ初ハーフの記録としてはこんなもんでしょう。…といって、もう一度ハーフを走るかというと正直それも微妙ですが…(苦笑)。やっぱり短い距離のレースはおやぢにはキツイです(涙)。

新宿シティハーフマラソン 前編

そういうわけで日曜日はこのレースに参加しました。

「新宿シティハーフマラソン」

P1000041

僕にとっては初のハーフマラソンです。というか、そもそも荒川マラソンしか出たことのない僕にとっては、初めての荒川以外のレース参加でもありました。
会場である国立競技場には7時半ごろ着きました。会場ですぐにHRさんを見かけてご一緒させていただきました。受付は前日kayopさんにやっていただいていた(前日の4時間ランの前に、kayopさんはご自分の受付と合わせてこの日参加の何人かの受付もしてくださっていました)ので、まずは着替え。仮設のテントが更衣室になっていましたが(男女各1)、大会の規模に対していささか狭すぎる気も…。その後荷物を所定の場所に預けて準備はOK。このあと、前日の4時間ランに参加していてこの日エントリーしていたMUさんとYDさんとも合流し、そうこうしているうちにスタートの9時が近づいてきました。スタート(そしてゴールも)は競技場のトラックです。この日のハーフのエントリーは約5,000人ということで、スタート待ちの列もそれなりになります。するとわれわれのちょっと前の列の中に、やはりこのレースにエントリーしていたkayopさんを発見!ちょっと離れていたのでお声はかけませんでしたが、昨日の疲れなどみじんも感じさせない表情をなさっていました。ちなみに僕はと言うと、基本いくじなしなので、そうでなくてもレース前は(ライブの本番前なんかもそうなんですが)緊張してしまってカチカチになるのですが、初のハーフということで、余計に緊張してしまいました。もちろん20km程度の距離はわりと日常的に走っているので、フルマラソンと違い距離に対する不安はありませんでしたが、なにしろどの程度のペースで走っていいのかよくわからない…。僕は普段の練習でもついつい「ファンラン」をしてしまうので、ペースはゆっくりです(5分半程度)。仮にキロ5分でハーフの距離を走れば、約1時間45分ほどのタイムになります。これよりも良いタイムをねらうためにはキロ5分を切る必要がありますが、ふだんあまりキロ5分を切るスピードで走ることがない(あ、TNRCの練習会恒例のラストスパートではそれなりにスピードを出しますが、せいぜい1~2kmです)ので、果たしてそのスピードを維持してハーフの距離を走りきれるのか…、正直かなり不安でした。TNRCのメンバーのみなさんは結構ハーフを経験されている方が多くて、その方々にうかがうと「レースの雰囲気の中で走ると意外にそのぐらいのペースで走れてしまいますよ!」とおっしゃるのですが、はたして自分は…。

4時間ラン! 後編

後半(というか、ここからが本番!)は皇居からエイドのある水天宮に向かいます。半蔵門から皇居を逆走し、半蔵門線に沿って大手町で皇居から離れます。この半蔵門線に沿った道(名前がわからないのですが…)は歩道も広く比較的歩行者も少なくて走りやすい!これは今後使えると思いました。
さて水天宮のエイドです!kayopさんのご家族は、何とビルの前のスペースにシートを敷いて、そこに食べ物や飲み物をたっぷり用意して待っていてくださいました!(寒い中待っていただき本当にありがとうございます!)ここでしばし休憩です。この豪華なエイドのメニューをご覧ください!

P1000043




走り出して約一時間半ほど経っていたでしょうか。時間もちょうどお昼時でわれわれはおなかぺこぺこ!もう遠慮なんかせずたっぷりいただきました!これがまたうまいのなんのって!温かい飲み物が冷えた体に染み渡ります(天気は良かったものの、この日は寒い一日でした!途中でちょっと雪もちらつきましたし…)。本当にありがとうございました!

kayopさんによるとやはり休むときにはしっかり休むことが必要とのこと。また、栄養補給もしっかり行い、その上でまた走り出せる体を作っておく必要があるそうです。これってなにげにやはり体を慣らさないと、食べてすぐに走り出したら脇腹が痛くなったりしますよね。とはいえ、フルを超える距離では食べないわけにもいきません。そんなわけでこの場所で20分ほど休憩をしたあと、次なる目的地「浅草」に向かいます。このあたりのルートはまさに東京マラソンのコース。明治座の横を通り、浅草橋、蔵前そしてようやくたどり着いたのがここです(笑)。
P1000038




ここまで結構な時間と距離を走っているのに、みなさん思いの外元気です。雷門の前ではしばし写真タイム(笑)。東京マラソンもここで折り返しますが、われわれもまた水天宮までもどります。驚いたのはそうしてわれわれが先ほどの水天宮まで戻ると、そこにはまたkayopさんのご家族がいらっしゃって、温かい飲み物を用意して待っていてくださいました。なにげに疲れた体に効果絶大だったのが「人形焼き」!これはおいしかったし、むちゃくちゃ「効き」ました(笑)。本当にありがとうございました!
ここまでで休憩時間を除いて約三時間ちょっと。今回はあくまで4時間というランニング時間重視ですので、あと小一時間のランは銀座まで行ってそこから皇居に戻るルートに決定。銀座では思いがけず、人がほとんど歩いていない歩行者天国をわれわれが走るという、なかなか「快感!」(笑)なランを堪能できました。思わず沿道の方に手を振りたくなってしまいました(バカ!笑)。結局二重橋で皇居に戻り、そこからはいつものコース。神保町のランステに戻り、距離にして約30km、時間にして約4時間(休憩時間を除いて…実時間は4時間半ほど)のロングランが終了しました!kayopさんとはこのランステでお別れ、驚いたのがkayopさん、ここからまたご自宅まで走って帰るとのこと!もうわれわれ言葉もありません…!本当に一日、何から何までありがとうございました!またよろしくお願いします!

で、当然このあとは…(笑)。
以前利用してとてもよかった中華屋で、そりゃもう食べるわ飲むわ!(笑)まあこの日だけで2000kcal近く消費していましたから、オッケーでしょう!

本当に充実した一日になりました!ご一緒したみなさん、お疲れさまでした!

4時間ラン! 前編

今週末はランニング三昧でした(笑)。まずは土曜日!

この日は、われわれTNRCメンバーの多くを、「富士五湖チャレンジ」という無謀なレース(72km!)に引きずり込ん…もとい、「富士五湖チャレンジ」という魅力的なレースにエントリーするきっかけを作ってくださった(笑)kayopさんによる二回目の練習会でした!前回の「祖師ヶ谷大蔵ウルトララン」は、ゆっくりペースで三時間走るというテーマでの練習会(とはいえ結局ややペースは速くなってしまったのですが…)でしたが、今回のテーマは二つあって

① ゆっくりペースで4時間走る!
前回よりも一時間長い!そのため今回は前回以上にペースを落として、そのゆっくりペースに慣れるのが第一の目的です。また、前回もそうでしたが、ゆっくりとは言え長い時間体にかかる負荷に体を慣らすというのもその目的でした。今回はキロ6分半、できれば7分くらいのペースで走ることが目標です。

② エイドを上手に活用する方法を覚える!
フルマラソンを越える距離では、当然フル以上にレース中でのエネルギーの補給の必要性があります。また、フルとは違い、レース中に休憩をうまく入れることも必要になってきます。今回はこのあたりを想定して、なんとkayopさんのご家族が今回の練習会のために(!)わざわざ「私設エイド」を用意してくださるとのこと!飲み物や食べ物まで用意してくださるとのことで、もうこの日のコーチのkayopさんに「おんぶにだっこ!」です。本当にすみません、kayopさん!

この日スタート場所のランステに集まったのは男性4名、女性5名の計9名。11時過ぎにランステを出発し、まず向かったのは新宿です。この日のコースは東京マラソンのコースをイメージしたもので、前半は東京マラソンのスタート地点の新宿を逆走して目指し、新宿御苑のあたりでUターンして新宿通で皇居にまた戻ってくるコース、こんな感じ。

ランステ(神保町)→飯田橋→市ヶ谷→新宿三丁目→新宿御苑→四ッ谷→麹町

東京マラソンの本番はもちろん道路を閉鎖して走ることになりますが、この日は当然歩道を走ります。大通りばかり走るコースなので人も信号も多くて走りにくいだろうと思ったのですが、歩道も広く意外に走りやすかったです。麹町に着いたところで、午後から別のご予定が入っていたIさんとはここでお別れ。残りのメンバーはここからいよいよ「エイド」に向かいます。

(後編へつづく!)

一ヶ月のノルマ!

まもなく1月が終わろうとしているこのタイミングで書くのもどうかと思うのですが、年の初めに自分の中でいくつか「一ヶ月の目標」を定めることにしました。ここで書いておくことで自分自身へのプレッシャーになればと思い(笑)、一応ここに記しておこうと思います。

① 月間走行距離200km!

② 月5冊本を読む!

③ 月一曲作る!

①については、あらためてここしばらくの月間走行距離を調べてみたら、昨年の9月からずっと一応200kmは超えていました。今月も今週末のランで200kmは超えますし、来月もランステのイベントでフルの距離を走る予定があることを考えると、なんとか200kmはいくのではないかと…。三月は荒川のフルマラソンを予定していますからここもなんとか…。4月は例の富士五湖チャレンジ(72km!)と12時間ラン(!)がありますので、ここはもう絶対大丈夫でしょう。そんなふうに考えていくと、とりあえず4月までは200kmは超えられそうと思い、こんな目標設定にしました。このところ、毎週火曜日の練習会や週二回ペースの「帰宅ラン」などで、一週間のランニングスケジュールみたいなものが自分の中である程度定着してきました。これを続けていけばなんとか月200kmはいけそうですので、無理はせず頑張ってみたいなと…。

②については、もともとは本は好きで昔は時間があれば手にしていたのですが、考えてみればここ何年も(車通勤をするようになってから)あまり本を読んでいませんでした。それがこのところ走るようになったおかげで、逆に電車に乗る時間が増え、読書する時間が作れるようになりました。月5冊というのはなんともお粗末な数字ですが、まずはここから始めていこうと思います。

③についても、今年はランニングもですが、その一方で自分のこれまでのメインの趣味であった音楽についても、もう少しきちんとやろうと思っています。こんなふうに考えるようになったのも走るようになったおかげで、これまで自分の中には全くなかった(それどころか自分には絶対に無理なものと考えていた)「スポーツ」というものでさえ、こつこつ積み重ねていけばそれなりに自分のものにできるんだという実感を得られたことで、であるならばこれまで自分がそれなりに時間をかけてきた「音楽」というものも、もう少しきちんと努力を積み重ねていけば、少なくとも今よりも高めることができるはず…そう考えるようになったからです。今年は意識的に楽器に触れる機会を増やそうと考えていて、一応「毎日一度は鍵盤に触れる」というのも目標なんですが(笑)、その延長線で「月に一曲新曲を作る」というのも自分の中でのノルマとして課そうと思っています。

これ以外にも実はいくつか目標があって、先ほどの

④ 毎日鍵盤に触れる

以外に

⑤週に一回料理をする

⑥昼食と夕食では必ず何かしら野菜を取る(朝食はさすがにきびしい…)

なんていう目標も設定しています。先日の「健康教室」で自分の食事のいいかげんさは思い知らされたので、今年はこの食生活の改善も目標に掲げました。
本当はこれにもうひとつ、

⑦毎日のヨガ!

と言う目標も設定したのですが、これは実はまだ実践できていない…(汗)。でも自分の体のメンテナンスを考えると、これも(というか「これこそ」)目標に入れておかなければならないことですね。

はたしてこれらがどれだけ実践できるかですが、まあ目標を持って日々を過ごすと言うことは少なくとも悪いことではないでしょう…それが実践できたかどうかはともかくとして(爆)。

六本木ヒルズ攻略コース!

昨日はTNRC練習会の日、先週は男三人と寂しい(でもそれはそれで楽しい…笑)ものでしたが、この日は男性5名、女性6名が集まるにぎやかな練習会になりました。この日のコースは、例によってジェイコーチが作ってくださった「六本木ヒルズ攻略コース!」。ジェイさんのBlogにある「帰宅ラン」の際に見つけられたコースなんだそうですが、毎度のことながら道案内のジェイさんがいてくださらなければ、同じところを走れと言われても…というコース(笑)。今回はあらかじめジェイさんから「若干アップダウン有り」と言われていたのですが、「若干…ですか?!(ぜいぜい)」というコースで(笑)なかなか走りごたえがありました。
この会はいつも19時30分にランステを出発する感じでみなさん集まるのですが、この日僕は一時間ほど早くランステに着けたので、「だったら皇居一周くらいできるかな」と思い、一足先に皇居に向かうことにしました。このパターンはYさんやkayopさんをはじめ、メンバーの何人かの方がすでになさっていたことなのですが、僕自身は初めての試み。結局皇居一周をしたあと、まだ時間があったので合流場所の竹橋周辺を行ったり来たりして最終的には7.8kmほど走ることができました。このあとの「六本木ヒルズ攻略コース」は13kmほどでしたから合計20km。さすがに最後はちょっと足にきましたが、あらかじめ走っておくことでよいウォーミングアップにもなりますし、距離も稼げて時間も無駄にならないという、なかなか良いパターンでした!またやってみたいですね。
終了後はこれもお約束の飲み会。話題の中心は今週末に控えたkayop講師による「4時間ラン」についてと、その翌日に控えたレースのこと。僕は翌日に新宿シティハーフ(初ハーフマラソン!)を控えていて、前日の4時間走はきついかな…と思ったのですが、「まてよ、その練習がハーフのタイムが悪かったときの言い訳になる…(爆)」と姑息にも考えて参加することにしたのですが、今回の4時間ランの参加者のうち、僕を含む男性参加者の三人のうちHRさんもハーフマラソンにエントリーしていますし、女性参加者のMさんもハーフ、mariさんは10k、そもそも講師であるkayopさんご自身もハーフにエントリーしていらっしゃいます!あれ、これぢゃあ言い訳にならない…!その上、この日僕にさんざんプレッシャーをかけていた(笑)、男性では唯一翌日のレースにはエントリーしていなかった(ただ、その翌週にフルをひかえていらっしゃいます!)Yさんまでも、その日新宿シティハーフをエントリーしておきながら、そのことをすっかり忘れて勝田マラソンのフルをエントリーしてしまったSさん(Sさんはこのレースがフルデビュー!)の代わりに走ることになってしまい、ますます言い訳ができなくなってしまいました(涙)。
あ、で、でもぼ、僕はあくまでハーフは初めて!びぎなーですから!そこんとこみなさんよろしくお願いします!でもYさんも一緒に走ってくださることでちょっと心強くなりました。ペース配分など勉強させていただきます!(HRさんはあっという間に先に行ってしまうでしょうから!)

心拍トレーニング! その2

後は運動強度ですが、SUUNTOのHPの中に

73~80パーセント = ビギナー
76~88パーセント = 上級者および選手

とありましたので、まあとりあえず85パーセントというところでしょうか。
ということは…

(198 - 50)× 0.85 + 50 = 175.8

どうやら今よりも心拍数を10くらい上げて走る必要がありそうです。
まあ逆に言えば10くらいは上げても大丈夫なはず…(理論上は!)。

…ということで、このところ172くらいを意識して走っています。
確かにこれくらいの負荷をかけて走ると、走り終わったときにそれなりの疲労感で「ああ、よく走った!」という感じになります。ただ、先日はこの心拍数を意識して20km走ってみたら、結局ついつい心拍数よりもタイムに気持ちがいってしまい、「キロ5分を切るぞ!」なんて感じになってしまいました。途中水分もなにも補給しないで走っていたのですが、後ゴールまで1キロ程度というところで、すれ違った人が缶コーヒーを飲んでいるのを見て、「ああ、そういえばのどが渇いた!」こう一旦意識するともう無性にのどが渇いて、すぐそばにあった自販機で飲み物を買おうとしたのですが、一旦立ち止まってコインを出そうとしたら指先がうまく動きません。「あれ、これはちょっとやばいぞ!」と思っているうちに気分も悪くなって結局しばらくそこで休む羽目に…。やはり給水は必要ですね…汗!自宅に帰って心拍数を見てみたら180を越えていて、どうやらこちらも負荷をかけすぎていたようです。
…というわけで、これからしばらくこの心拍数を意識して走ってみようと思っています。

心拍トレーニング! その1

Suunto_t3c_image_1





僕は以前からSUUNTOの心拍計(t3c)を使用しているのですが、考えてみれば心拍数で自分自身の体への負荷がどの程度であったか分かりますよね(笑)。
この心拍計はオプションの「PCポッド」というものを使えば、ちょうどiPodのようにデータをPCに転送し保存することができます。iPodのデータと決定的に違うのはそのランの「平均心拍数」が表示されること(「心拍計」なんですから当たり前ですが…笑)。さらにこの心拍計がすぐれているのは、あらかじめ自分の最大心拍数を入力しておくことで、その日の平均心拍数からその日の運動強度を次の5段階に分けて表示してくれます。

1 マイナー/回復効果
2 持続効果
3 向上効果
4 高い向上効果
5 過剰

ここしばらくの練習データを確認してみたら、だいたい160前後で推移していました。これは僕の場合運動強度で言うと3で、「向上効果レベル」とのこと。その上の4が「高い向上効果レベル」ですから、どうやら平均心拍数をここまで上げる必要があるようです。
問題はいったいどのくらいの心拍数まで上げればこの「高い向上効果レベル」になるかですよね。簡単に言えば、自分にとって「ちょっときついけどこれならなんとか最後まで走れる」という心拍数を見つけてそれをキープして走れたら良いわけです。では自分にとってその心拍数はどの程度のものか…。これが目標心拍数になります。これについてはここに詳しく書かれていて、それによると、

目標心拍数=(最大心拍数-安静時心拍数)×運動強度+安静時心拍数

「ちょっと待って!さっきから最大心拍数って言ってるけど、自分の最大心拍数なんてわからないし、だからといって『限界に挑戦』なんてことしたくないよ!」…当たり前ですよね(笑)。ちなみにSUUNTOの心拍計は、購入してすぐに個人データの入力で「年齢」を入力することで自動的に設定してくれます。なんでも一般的には「220-年齢」という計算式で導き出されるようですが、SUUNTOの計算方法では「210-0.65×年齢」なんだそう。それでいくと僕の最高心拍数は182.7になるのですが、実際はかれこれ8ヶ月ほど使ってきている中ですでにこの数値を更新していまして(笑)、僕の最高心拍数は198です(忘れもしない、ランステスペシャルの皇居駅伝の時にこれを計測しました)。いささか高すぎるので最初は測定ミスかとも思ったのですが、その後も何度か計測していますので(例の最後のダッシュなどで…笑)、どうやら測定ミスではないようです。
で、もうひとつの安静時心拍数は、文字通り一番リラックスしているときにどの程度の心拍数をまで落ちるかということなのですが、僕の場合平均すると50くらい(50を切ることもしばしば…)でしょうか。60くらいが一般的ということなので、僕の場合結構低いと言うことなんでしょうね。

スランプ?!

一人で走っていた頃と比べて、今は楽しみを共有できる仲間ができたおかげで、確実に月間の走行距離が伸びています。それも「無理して距離を伸ばしている」と言うよりは、「気付いたらそんな距離になっていた」というのがありがたい(笑)。TNRCのみなさんと定期的に走る機会があることでコンスタントに距離が伸ばせるのも大きいですが、そんなラン仲間のみなさんから刺激をもらって、一人で走るのにも以前よりも熱が入るようになりました。10月は例の「オクトーバーラン」のイベントで351kmまでいきましたが、11月も前の月の反動で結構サボってしまったのにもかかわらず、なんとか210kmまでいきましたし、12月もなんだかんだで230km、今月も今日現在で122kmですが、月末に4時間ラン(!)とハーフマラソンを予定しているので、200kmはクリアできそうです。
ただその一方で、確かに月間の走行距離は伸びているものの、自分自身の走力自体はあまり上がっている感じがしないのも事実。距離に対する不安は以前と比べれば少なくなっているのですが、問題はやはり「スピード」です。以前一人で走っていた頃は、毎回10km、それも毎回同じコースを走っていましたから、自分の中でなんとなく「昨日よりも良いタイムを出したい」という意識があって、少しずつペースを上げる練習をしていました。しかしそのような練習ばかりでは、短い距離はある程度速く走れるようになったとしても、フルマラソンのような長い距離は走れるようにならないことを身を持って実感し、最近はずっと、ペースを上げることよりも走る回数を増やすことや走る距離を伸ばすことに重点を置いて練習をしてきました。まあ僕の場合、そもそもそれほどタイムにはこだわっていませんし、最近はフルよりも長い距離のレースやトレイルのレースなどに惹かれていますので、そういった練習方法であながち間違ってはいないとも思うのですが、とりあえず今月末には新宿シティハーフもありますから、もう少し「スピード」というものにも意識を向ける必要があるかもと思うようになりました。いや、先ほども書きましたとおり「自分自身の走力が上がっている感じがしない」ことを考えると、少なくとももう少し自分に負荷を(それはたとえば「スピード」でないとすれば、さらなる「距離」など)かける必要があるのではないかと思うようになってきました。

男三人練習会!

昨日は定例のTNRC練習会の日だったのですが、連休明けと言うこともあってか参加できる方が極端に少なかったため、練習会自体は中止になりました…というか、中止にさせてもらいました。ただ僕自身はそのつもりで用意をしていたので、一人でも走ろうと思っていたところ、メンバーのTさんからメールが入り、Tさんも走ってくださるとのこと。では二人で走りましょうとランステで待ち合わせることにしました。先に僕がついて着替えて待っていたら、TNRCの若手のホープ(笑)Hさんも来てくださいました。というわけで結局この日は野郎三人で走ることに(笑)。TさんはTNRCの練習会、年明け初参加でしたし、Hさんもハーフマラソン明けということで、この日は無理せず短めの距離(皇居を二周)を走ることにしました。ただ、その分ちょっと速めのペースで走りましょうということで、5分半くらいからはじめて徐々にペースを上げていきました。最初の一周は26分ほどのタイムだったのですが、お二人とも結構調子が良さそうだったので、二周目はこっそりペースを上げて(笑)、キロ5分を切るペースで走りました。例によって最後はスパートをかけて(いつものことながらHさんは速いっ!)、結局10kmを48分53秒で走りきりました。二周目は23分ほどで走ったことになりますから、4分半くらいのペースでしょうか。これはこれでよい練習になりましたし、気持ちの良い汗がかけました。
終了後はやっぱり飲み会!こちらも少人数ながら妙に盛り上がって楽しい時間をすごせました。たまにはこんなのもいいかも(笑)。

年明け初TNRC定例会!

新しい年になって最初のTNRC定例の練習会のこの日、新たに三人の方が練習に参加してくださいました。そのうちお二人は昨年暮れに行った「晴海ラン」に参加してくださったIさんとMさん、そしてもうお一人は12月のランステスペシャルの打ち上げの際にお友達になったKさんです(三人とも女性)。ランステに集まったのはこれに加えて、男性4名と女性2名のいつものメンバー、さらにこの日はランステのA専務も参加してくださいました!竹橋で先に来て走っていらっしゃったnobuさんとYさん、そしてこの時点ですでに30km走り終えていらっしゃった(!)kayopさんと合流し、これで男性6名、女性7名の総勢13名の大所帯に!
この日は初参加の方も多いと言うことで、ジェイさんは東京タワーをめぐるいつもよりちょっと短めのコースを用意してくださいました(13kmほど)。東京タワーを絡めたコースはすでに何度か走っていますが、やはり何度見ても夜の東京タワーは良いものですね。もちろん人工物なんですが、なんだか作り手の「思い」のようなものが見えて、人のぬくもりのようなものを感じることができる建造物だと思います。電波塔としての役目は終えるようですが、これからも東京のシンボルとして残っていってほしいと心から思います。
P1000002







この日僕はいつになく体が軽く感じられて「なんだか調子がいいぞ!」考えてみればこれで三日連続でこのあたりを走っていることになりますが、不思議と疲れは感じられず、ここ数日走り続けていたせいでしょうか、走り始めからわりと身体全体にオイル(血液)がちゃんとまわってくれているように感じられます。特にこの時季、走り出してしばらくはからだが思うように動かず、10kmほど走ったところでようやく調子が出てくることを考えると、やはりある程度継続的に走っている方が調子はいいのかもしれません。それとこれは当然ですが、やはり走る前の「ウォームアップ」は大切だということなんでしょうね。
ランの後は例によって「飲み会」、我がチーム御用達のお店「てけてけ」に向かいました。この日このお店ではビール半額サービスをやっていて、生ビールがなんと¥250!おかげでかなり安くすみました。そのままご自宅に戻られたA専務とはご一緒できませんでしたが、皇居を走っていらっしゃったメンバーのKさんが合流してくださいましたので、結局総勢13名で飲んで食べておしゃべりしてと、楽しい時間を過ごすことができました。こういう席では、もちろんランに関する情報も得られるのですが、それ以上にみなさんそれぞれがお持ちのラン以外の情報を分けていただけるのも大きくて、この日はIさんから「お得グルメ情報」をゲット!Iさん、ありがとうございます。
…とまあそういうわけで、今年も毎週火曜日はランステ集合!!(笑)

今年の目標?!

僕もご多分に漏れずこの日が仕事始めでしたが、ただ午後からは以前お話しした糖尿病予備軍対象の「健康教室」に出席するためお茶の水へ行って来ました。会場である病院に着くやいなや、そこにいた先生に僕は質問しました。ここ二年半ほど継続的にスポーツ(ランニング)を続けているにもかかわらず、今回数値が高かったのはなぜでしょうと。
先生によると、血糖値の数値自体はその日の体調などによって変動すること、今回の僕の数値から考えるとたまたま検査の日に高い数値がでてしまったのではないかとのことでした。そもそも今回のこの健康教室自体、数値的に本当に注意が必要な人を対象にしたものではなく(そういう方に必要なのは「健康教室」ではなくて「検査」や「治療」ですよね)、その意味では今日参加している方のほとんどがそれほど心配する必要のない方ばかりだとのことでした。「そりゃそうだよなー。これだけ継続的に運動を続けるんだから!」この時点ではそんな風に考えて安心していました。ところが実際に講演が始まっていろいろお話を伺っているうちに、「これは自分とは無関係だなんて言っていられないぞ!」と思うようになりました。
講演の前半は今はやりの「メタボ」についてでした。BMI≧25とか、ウエスト≧85センチとか、「ふんふん、やっぱり自分には関係ない!」なんてほくそ笑んでいたのもつかの間、話題が糖尿病を防ぐ食生活に及んだところで、「糖尿病にならないためにすべきこと」というお話がありました。それによると

① お腹いっぱいになるまで食べない
② ゆっくりよく噛んで食事をする
③ 朝食を食べる
④ 野菜料理を毎食たっぷり食べる
⑤ 間食・夜食をやめる
⑥ ウォーキングを始める


これらのうちどれかひとつでも始めましょう!というお話だったのですが、このうち③と⑥は良しとして、それ以外はすべてここに書かれていることの逆を行っている自分に気づきました。特に①と⑤は走るようになってから、「どうせ走るのだからいいや!」という言い訳のもとに、明らかに走る前と比べて増えています(汗)。②と③については言うまでもありません(②はある意味職業病ですし、④は野郎の一人暮らしでは当然でしょう)。
「これはとてもではないけど『走っていればオッケー』なんて話ではないぞ!」むしろ継続的に走っていると言うことは、そうはいってもそれなりに体に負担もかけているわけで(最近の走りはその量にしろ内容にしろ、「体にいい」というレベルでは収まってくれないでしょう…笑)、それを考えてももっともっと食生活を見直す必要があることを強く実感しました。これからも走り続けたいのならばなおのことその必要があるでしょう。2009年のはじめに一つ今年の目標ができました!それは

食生活の改善!


うーん、これがいろんな意味で「改善」されるといいんですが…笑。

…とまあ、非常に有益な「健康教室」になったわけですが、「せっかくこうして都内まで出てきたのだから…」となればやっぱり走らないといかんでしょう!(爆)病院はお茶の水で神保町までもすぐです。ただこの日は月曜日でいつも利用しているランステは定休日(涙)。仕方がないのでひさしぶりに「銭湯ラン」をすることにしました。神保町のランステの近くに「梅の湯」という銭湯がありますのでそこを利用することにしました。
P1000010







以前もお話ししましたように、ランステを利用するようになる前はずっと銭湯を利用していました。値段も安いし、シャワーではなく風呂に入れるなんて考えれば銭湯の方がいいじゃん!なんて以前は思っていたのに、実際久しぶりに使ってみると「やっぱりもうここには戻れ無いなあ…」と思ってしまいました。


それはともかく比較的早い時間から走れたので、あえて皇居ではなくこの日走った「晴海コース」にすることにしました。夕景から夜景に変わっていく都会の風景というのはやっぱりいいものです。
P1000012







それにしても驚いたのは晴海から見るお台場やレインボーブリッジの夜景がほぼ貸し切り状態だったこと!人っ子一人いませんでした。まあ平日の6時ぐらいでしたから当然といえば当然でしょうが(笑)。
P1000015








P1000017




P1000019




P1000020







この日はけっこう調子が良かったのでちょっとペースを上げて走りました。結局約17kmを5分51秒のタイムで走り終えましたので、例によって信号などによるロスがあることを考えればまずまずのペースでしょう。考えてみれば前日もこのあたりを走っていたんですよね(笑)。

TNRC初ラン!

結局この正月は元日に12kmほど走ったきりでまったく走りませんでした(汗)。それどころか家の近所をうろうろするぐらいで(それも車で!)特に何をするわけでもなくぐずぐずと過ごしてしまいましたので、気付けば体重も2kg近く増えてしまっていました。まあそのかわり心も体もしっかり休養できましたのでこれはこれでよかったと思うようにします(笑)。
そんな正月休み最後の昨日は、TNRCメンバーが集まっての「初走り」でした。この日はこのところお仕事で大変でいらっしゃったジェイコーチがひさびさの参加!(とはいえまだまだお仕事大変そうですが…)この日は神宮外苑や赤坂サカスをまわる17kmほどのコースをジェイさんが案内してくださいましたが、人通りや信号の多いメインストリートを避けた裏道を中心にコースを組んでくださっているのがさすがジェイさん!こうした裏道は比較的走りやすいのももちろんですが、普段あまり見ることが無い大都会東京の違う面(そんな中にある人々の暮らしなど)をかいま見ることができて、とても走り甲斐があります。こんな東京の中心部に意外にアップダウンがあることも気付かされます(おかげで良いトレーニングにもなります…笑)。TNRCの普段の練習会ではこんなふうにジェイさんが先導してくださって、僕が時計でペースを管理するというスタイルが定着しているのですが(なんて言うとかっこいいですが、実際のところ僕はおしゃべりに夢中になったりするとついペースを上げてしまいがちで、そのたびにジェイさんに「MazKayさん、ちょっとペース上がっていませんか?」と言っていただいているので、実はペースの管理をしてもらっているのもジェイさんなのですが…汗)、やっぱりこのスタイルが一番落ち着きます(笑)。ジェイさんご不在の間、道案内をやらせていただいたりもしましたが、自分でやってみてこれが実はとても大変なことであることがよくわかりました。そうは言っても10人程度の集団を誘導しながらのランは、そのコースを熟知していることは大前提として(僕の場合まずこの時点でおぼつかない!)、実際に走る道の状況を見ながらその時その時で的確に判断し、さらに一緒に走っているメンバーたちの様子をそれとなく見ながらのものになります。ジェイさんと走っていると、これにさらに「観光案内」(?!)まで付いてきますので恐れ入ります(笑)。これだけ気配りしながら走っていながら、例によって皇居に戻っての最後の2kmほどはスパートをかけるんですから、もはや超人です。お散歩気分で楽しくランニングしながら、それでいてちゃんとトレーニングにもなっているというのが、ジェイさんプロデュースのランのすごいところ!ジェイさん、そういうわけで今年もどうかよろしくお願いします。
当然ランの後のお楽しみもありました。この日はHさんが予約してくださった中華のお店だったのですが、出てくるものすべてうまいのなんのって!さんざん食べてそれなりに飲んで(笑)、最後の会計でその安さにも驚きました!ここはまたぜひ利用したいですね。

そういうわけでTNRCメンバーのみなさん、今年もどうかよろしくお願いします!

明けましておめでとうございます!

僕がランニングを始めてから、気づけば2年半という時間が過ぎていました。正直言えば自分でもここまで続くとは思っていませんでした。きっかけはダイエットでしたから、本来であればそれが成功した時点で止めていてもおかしくなかったのですが、気づけば「走ること」そのものが楽しくなっている自分がいました。まあおかげでダイエットの方も大きなリバウンドもなく今日に至っているので、結果的には大成功と言っていいでしょうね。
ランニングを始めてからの二年間、僕は基本的に一人で走ってきました。何度も言うようにランニングの大きな魅力の一つがこの「一人でできる」ことであることは間違いありません。チーム競技のように他のメンバーに迷惑をかけることもないし、他人と比較されることもありません。ライバルは昨日までの自分ですから、僕のようにスタート時のレベルが低い人間は、それを越えていくことは比較的簡単にそして確実にできます。そんな風にマイペースに続けられたことが、ランニングにはまっている今の自分を作ってくれたことは間違いありませんが、それでも二年も続けているとだんだんモチベーションも下がっていきます。今にして思えばあのまま一人でランニングをしていたら、今頃はすっかり走らなくなっていたかもしれません。それが、昨年の春頃からイベント等に積極的に参加するようになって、同じようにランニングを趣味にしている方々とお会いする機会が増えました。特に昨年から月一で行われているランステのイベント、「ランステスペシャル」に参加したことが僕にとっては大きい!僕自身は6月の「下町ラン」からの参加ですが、このイベントのおかげでたくさんランニング仲間ができました(ランの後の「打ち上げ」によるところが大きい…笑)。しかし僕の「ランニングライフ」を大きく変えてくれたのは、何と言ってもジェイさんが主催する「TNRC」のメンバーになれたことです。今や僕のランニングライフにとって(というよりも僕のライフそのものにとって)大きな存在になったTNRCのお友達との出会いが、昨年の後半の半年をずいぶん充実したものに変えてくれました。そしてここでの出会いが2009年も充実したものにしてくれるであろうことは間違いありません。そんなたくさんのお友達に感謝しつつ、今年も走り続けていきます!どうかみなさん、今年もよろしくお願いします。

写真は自宅のベランダから見た、今朝のほぼ日の出の時刻の富士山です。
Img_4013

「今年は良い年にするぞー!」

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ