最近のトラックバック

« 東京マラソン! | トップページ | ひとり「夢舞い(ハーフ)マラソン」?! その1 »

ランニング入門 その3

どうやったら「楽に走れるか」。その答えの第二は

「フォームを意識する」

ことです。
食事をしたり、笑ったりといった行為と同じように、われわれは「走る」という行為を幼い頃から当たり前のように行ってきました。自転車に乗る練習はみなさんしたでしょうが、「走る」練習をなさった方はほとんどいらっしゃらないでしょう。それも、先ほどお話ししたように、「ランニング」で必要なのは「速く走る」ことよりも「楽に走る」ことです。そんなことを意識して「走る」練習をしたことのある方なんて間違いなくいらっしゃらないですよね(もちろん僕もそんな経験はこれまでありませんでした)。でも「ランニング」も間違いなく「スポーツ」です!ゴルフやテニスがそうであるように、上手になるにはそれなりの技術が必要です。ゴルフやテニスにおいてその「フォーム」がいかに大切であるかなんてことは、言うまでもないことでしょう。
僕にとってある意味ラッキーだったのは、僕にこれまで運動経験が全くなかったことです。これって「ランニング」をはじめるにはある意味すごく良い条件であったような気がしています。これまで運動とはまったく無縁な生活を送ってきた自分にとって、単純な「走る」という行為に対してすらあまりにも「無知」でした。だから「走る」ことをはじめる前に本やインターネットで調べたり、通っていたジムのコーチに聞いたりして、その「走り方」を一から(いや、ゼロから!)学ぶことからはじめました。これは今にして思えばすごく良かったと思っています。「フォームを意識する」とはようするに「いかに効率よく走るか」ということ。無駄な動きを無くし、身体を効率よく使っていくことができれば「楽に走る」ことができます。自分の中で変な癖をつける前に、さまざまな本を読んだり、人から指導を受けたりできたことで、少なくとも効率よく走ることができる「理想のフォーム」みたいなものは自分の中でイメージできるようになったように思います。もちろん、それが自分に実践できているかどうかは別として…(涙)。

« 東京マラソン! | トップページ | ひとり「夢舞い(ハーフ)マラソン」?! その1 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/25329665

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング入門 その3:

« 東京マラソン! | トップページ | ひとり「夢舞い(ハーフ)マラソン」?! その1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ