最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

日野バイパス→多摩川ラン!

P1000006




昨日は愛車を購入したディーラーに行きました。先日見つかった愛車の不具合を修理してもらうためだったのですが、作業には二時間ほどかかるとの話だったので、それならばと修理してもらっている間、ディーラーの周辺を走ることにしました(笑)。ランニングウェアで店から出てくる客は僕くらいでしょう。まあ以前車を預けた時にそこから走って帰った前科(?)があるので、担当の営業さんには免疫がすでにあります(笑)。
P1000009






日野バイパスを走り、多摩川に向かいます。日野バイパスは道もきれいで歩道も広く、とても走りやすい!
P1000010






多摩川に到着(石田大橋)。ここから上流に向かいます。
P1000012






多摩川大橋まで来たらここを渡ります。
P1000020






八王子方面へ。甲州街道に突き当たったら左。ここからディーラまではあとわずかです。

P1000022








総距離17km。気持ちの良いランができました。やっぱり多摩川を走るのは良いですね!いつか多摩川サイクリングロードの全制覇(約55km)、チャレンジしてみたいですね。
Photo

T.N.R.C.練習会

この日はいつものT.M.R.C.練習会。昼間は良い天気だったのに「夜から雨」という天気予報が当たって、ランステに到着した19時頃には本降りになっていました(涙)。まあおかげでこのところ大混雑のランステもこの日ばかりはガラガラ(笑)。「どうする?」という話にもなったのですが、こんな天気にもかかわらず結構人も集まっていましたし(この時点で8人)、先に走っている方もいる(kayopさん!)ということで、結局走ることにしました。考えてみればこの練習会も結構「真面目」(笑)で、今年の8月19日から始めてこの日までの約3ヶ月間、悪天候や事情により二度ほど中止になったことを除けばほぼ毎週欠かさず行ってきました。ちなみにその数13回(たぶん)、個人的にお休みした日が一日ありますから、僕自身はたぶん12回の参加だと思うのですが、それでも我ながら結構頑張っているなと…(笑)。この間振り返ってみれば3~4回ほどは皇居を走りましたが、それ以外は皇居を離れたコースを走っています。同じ道を走ることは当然あっても、まったく同じコースであったことはこれまで一度もありません!おかげで毎回飽きることなくランニングができているわけですが、これはなんといっても道案内をしてくださるジェイさんのおかげです。
話を戻しましょう(笑)。着替えてランステを出る頃(19時半頃)には雨もやんでいましたし、結局走っている間ちょっとぱらつくことはあったものの、ほとんど雨にはあいませんでした(今回の参加者によほどの「晴男・晴女」がいるのでは?笑)。
竹橋ですでに走っていた(この時既に3周走っていらっしゃいました!)kayopさんと合流し、とりあえず桜田門までは皇居を走ります。さすがにこの日ばかりは皇居もガラガラ!こんなに人がいない皇居は初めてです。桜田門からは例によって皇居を離れ、ジェイさんの道案内で、今回は慶応大学のある三田のあたりを目指してのランです(今回のコースももちろん初めてのコースでした)。東京タワーを正面に見て国道一号を走る今回のコースもとても気持ちのよいものでした。
先日のランニングフェスタの時からジェイさんは少々風邪気味でいらっしゃいましたし、そうは言ってもこのランの前に15km走っていらっしゃる方もいるということで、今回はいつもよりゆっくりペースで走りましたが、でもやっぱりラストスパートがあるのがこの練習会のお約束(笑)。まあこれがよいトレーニングにもなるのですが…。
終了後は例によって飲み会。この日皇居をお一人で走っていらっしゃったTさんも合流し、総勢10人で楽しい時間を過ごしました。

ペース走!

この日も日中は仕事だったのですが、午後早い時間に終わる予定だった上に出先での仕事だったので、そのまま走りに行けるように道具を持って出かけました(笑)。結局14時頃には終わったので、そのまま日比谷のアートスポーツに向かいました。先日セールの案内が来ていたのでそれを覗きにいきがてら、そこで着替えてどこかに走りに行こうと思ったからです。都内でのランニングの拠点はこのところもっぱら「ランステ」でしたが、この日比谷のアートスポーツの2階にもロッカー&シャワールームがあり、時々利用します。アートスポーツのポイントカードを持っていることが利用の条件ですが、なにかしらここで買い物をすればカードは作れるので、それほど敷居は高くありません。シャワー室は二つしかなく、決して広くは無い施設ですが、値段も安く(¥400!)比較的空いているのでなかなか使えます。当初の思惑ではこの日走った「銀座・お台場ラン20km」をLSD感覚でゆっくりできればと思っていたのですが、遅い昼食を取るために銀座をぶらついていたら思いのほか時間がかかってしまい、店に着いたのが16時を過ぎてしまっていたため、そのコースはあきらめて皇居を走ることにしました(施設の終了時間が19時だったのでお台場まで行って帰ってくるのはいささかあわただしくなります)。
皇居を走ると決めた時点で、トレーニングの目的も変更!先日のランニングフェスタでスピードトレーニングの必要性も痛感していたので、逆に短めの距離を速めのペースで走ることにしました。とりあえずキロ5分30秒ほどで走り始めましたが、やはりこの日違和感を感じて以来の右足の股が痛みます。不思議なことにしばらく走っていると治まってくるので、とりあえずしばらくは我慢です。三宅坂の下りから徐々にペースを上げました。すると先ほど千鳥が淵公園のあたりで抜かれた女性が前方に見えます。とてもきれいなフォームで無理なく走っていらっしゃるので、この方をペースランナーに走ることにしました。怪しまれては困るので100mほど後ろを走ったのですが、そもそも追いつこうと思ってもなかなか追いつけません(汗)。見た感じとても楽そうに走っていらっしゃるので、そんなに速そうには見えないのですが、とてもとても…。手元の心拍計でペースを見てみたら4分15秒!とりあえずこれ以上差が開かないように走るのがやっとでした。
本当は二周したところでやめようかと思っていたのですが、この女性、これまでと変わらぬ走りで三周目に入っていきます(あ、もっともこの方僕が走る前から走っていらっしゃる可能性もありますので、その場合はそれ以上ですね!)。なんだかここで止めてはいけない気分になって僕も三周目に突入!たださすがにばててきて、ちょっとペースをゆるめたとたん、そのうちにその方は見えなくなってしまいました(涙)。やっぱり走力のある方は違いますね!それにしてもあんな風にきれいに走れたらいいなあと心から思いました。
結局三周15km+アートスポーツまでの往復約1kmをほぼキロ5分ペースで走りきりました。この距離ならもっとペースを上げられるようにならないと厳しいですね。とりあえず年明けにハーフマラソンの予定があるのですが、それに向けたスピード練習をもう少しする必要がありそうです。

世田谷ラン!

そもそもこの日、このイベントに急遽参加することにしたのには訳がありました。それはこのイベントのことを教えていただいたAさんとお会いするためです。僕がつたないペースメーカーをつとめたランステの練習会でご一緒したのがこのAさんだったのですが、その日ご一緒したもう一人のHさん(先週のT.N.R.C.の練習会に初めて参加してくださった方)からT.N.R.Cのことを聞いてくださって、「参加したい」とおっしゃってくれたことをきっかけにこのイベントのことも教えていただいたというわけ。当然Aさんはこのイベントに参加していらっしゃったので、イベント終了後に合流しました(その合流にいささか苦労したのですが…笑)。
今回ご一緒したジェイさんとMさんとは、「どうせ集まるのだったら走りましょう!」という話になっており、このあたりがホームグラウンドだとおっしゃるジェイさんの道案内で、イベント終了後に走るつもりでいたのですが、合流したAさんにお二人を紹介したところで「よろしければ一緒に走りませんか?」とお誘いしたところ快諾。ということで4人で「世田谷ラン」を満喫しました。4人ともイベント参加時点ですでにウェアには着替えていました(陸上競技場内に更衣室は用意されていました)が、荷物はどこかに預けなければなりません。ジェイさんに公園内のロッカーを教えていただき、それを利用しました(ありがたいことに¥100入れて後から戻ってくるタイプのロッカーでした!)。

駒沢公園内を半周ほど回ったところで公園から飛び出し、とりあえず砧公園に向かいます。コースは246とほぼ並行に走る道だったのですが、閑静な住宅街(それも当然豪邸ばかり!)で比較的信号もなく、歩道も広くてなかなか走りやすい!なにより雰囲気がよいので走っていても気持ちがいいです。それにしてもここでもジェイさんの道案内は完璧でした!自宅からこのあたりまではよくランニングされているということでしたが、それにしても本当に走りやすいコースをよく研究されています。今回のコースはなにげにアップダウンもあってトレーニングにももってこいのコース。途中にあった急坂は、思わずひるむほどのものでしたが(車も登りは傾斜がきつすぎて危険ということで一方通行にしているそうです!)おかげでよいトレーニングになりました。結局砧公園まで行って帰っての役16kmほどの距離をほぼ5分40秒ほどのペースで走りきりました(もっともイベント中の15分ペース走で3.5kmほど走っていたので、それを合わせればこの日はだいたい20kmほど走ったことになります)。今回初めて参加してくださったAさんには少々酷なコースだったので、これに懲りて「二度と参加しない!」なんて思われなければよいのですが…。でも道中いろいろおしゃべりもできてとても楽しい時間を過ごすことができました。Aさん、ありがとうございます。ぜひこれに懲りず火曜日の練習会にもご参加ください(笑)。

駒沢公園のロッカーでAさんとは別れ、われわれ三人はそのまま近くの銭湯へ。しっかり汗を流した後は例によって軽く一杯(笑)。連休初日は仕事で半日つぶされたものの、思いがけず充実した一日になりました!

マラソンフェスタ! 

この連休は残念ながら土・日と仕事(涙)。もっともどちらも一日仕事ではなかったので、それなりに有効活用しました(笑)。
土曜日の午後はこんなところに行って来ました!

マラソンフェスタ~東京大マラソン祭り2009

こんなイベントがあるなんて知らなかったのですが、ある方から教えていただき、急遽行くことにしました。T.N.R.C.のメンバーにもお声かけしたら、ジェイさんとMさんも来てくださることに…。
その名の通り「東京マラソン」関連のイベントとして企画されているもののようですが、うれしいことに参加無料!午前中のセミナーは事前申し込みの上抽選だったようですが、午後のイベントは無料で参加できます。
その午後のメニューですが、金哲彦さん司会進行によるトークショー(ゲスト:千葉真子さん、国近友昭さん)やマラソン体験イベント、そして金先生による「体幹クリニック」などが用意されています。個人的には、僕にとってのランニングの師匠(…と勝手に思っている)金哲彦さんを生で拝見できるというだけでも、このイベントに参加する価値大!だと思っていたのでいいのですが、それにしても実質イベントに参加できた時間は一時間程度だったのは残念でした。
たった一時間程度のイベント参加ながら、とても大きな収穫になったのは「ランニングのペースを知る」ことができたこと。おもしろい企画で、現在の男子マラソンの世界記録:2:03:59(2008年9月末現在)で42.195を走りきるにはどのくらいのスピードで走らなければならないかを体験できるイベントがあったのですが、これにわれらがコーチ、ジェイさんが挑んでくださいました。ペースランナーの先導で、陸上競技場のトラックを二周するというものだったのですが、これがしゃれにならないくらい「速い!」ほとんどの方が二周目にはペースランナーから引き離されていきました。さすがはジェイさん、ペースランナーから多少遅れはしたものの、大きく離されることもなくゴール!しかしそのジェイさんも、さすがに走り終えた時には息を上げて「しゃれにならない!」とおっしゃっていました。このペースのまま42.195km、約2時間走り続けるなんて…(絶句)。
遅れて会場に到着した僕はこれには参加できなかったのですが、この後行われたフルマラソンのペースを体験するイベントには参加できました。フルマラソンを3時間、4時間、5時間、7時間でゴールするペースで15分間トラックを走り続けるというもので、それぞれグループに分かれ一斉にスタートします(したがって15分間でどれだけの距離走れるかはペースによって違います)。僕とジェイさんは3時間のペースにチャレンジしましたが、これがまた結構キツイ!結局4分15秒ほどのペースで15分間(距離にして3.5kmほど)走りましたが、これにチャレンジした方は最後にはかなりばらけてしまったようです。一応なんとかついていくことはできましたが、やはりこれを42.195km続けるというのは…。でも実際に走ってみてそのペースを体験するというのは、たとえ短い距離でも(というか、短い距離じゃなければ無理ですが…)とても勉強になりました。こういう練習を取り入れるのもいいかもと思いましたね。

キロ7分の難しさ!

今日は今年一番の寒さということだったのですが、天気は良かったのでいつもの「通勤ラン」をすることにしました。「通勤ラン」と言っても、いつもは行きは電車で帰りのみ走るのですが(だから正確には「帰宅ラン」)、今日はいつも降りる職場近くの駅ではなく、そのふた駅手前の駅で降りて、朝も少しだけ走ることにしました。
P1000001








実は「ふた駅手前」といっても最後の一駅分は別の電車に乗り換えなければなりませんし、その乗り換えのホームが結構離れているので時間もかかります。職場近くの駅から職場までも8分ほど歩きますので、ふた駅分とはいえ時間にするとそこから20分ほどかかります。ふた駅手前の駅から職場までは距離にして4kmほど。キロ6分で走れば24分ほどで着きますのでそれほど時間は変わらないはず…。そうは言っても朝からあまり疲れてしまうようでは仕事に差し支えますし、第一汗の問題もあります。とにかくここは身体が暖まって軽く汗ばむ程度のペースで走ることにしましたが、ここでふと来年の72kmレースのことを思い出して、「そうだ、この機会にゆっくり走るペース感というものを体験してみよう」と考えました。
はたして72kmをどの程度のペースで走れるのか、はっきり言って想像もつきませんが、「チャレンジ富士五湖」の72kmの制限時間が11時間ですので、それを基準に考えるとキロ7~8分で走り切れれば(休憩を入れたとしても)10時間は切れそうです。もっとも問題はタイム以前に完走できるかどうかなんですが(笑)。

そんなわけで、とりあえず今朝はキロ7分くらいのペースで走ることにしました。
ところがこれが意外に難しい!自分としてはかなりゆっくり走っているつもりで時計を見ると、キロ5分50秒ほどのペース。これではいかんと思い、さらにゆっくり走ったつもりでもやっぱりキロ6分ちょっと…。考えてみれば最近は5分半くらいで走るペースが身に付いてしまっていましたから、そのペースを変えるということは、「ようするにゆっくり走ればいいんだよな」なんて簡単な話ではないことがよくわかりました。やっぱり「ゆっくり走る」練習が必要ですね。

それはともかく、結局帰りも走りました(14km)から、今日だけで合計18km。これは距離を稼ぐのにも良いかも!

「東京ミッドタウン」ラン!

P1000077




火曜日の夜は定例のT.N.R.C.の練習会。この日は新たにお二人の方が参加してくださいました。お一人は、これまでランステスペシャルで何度もご一緒し、先月の「夢舞いマラソン」でもご一緒したnobuさん。もうお一人は先月のランステ主催のオクトーバーランの練習会でご一緒したHさんです。こんなふうに一緒に走ってくださる仲間が増えていくのは本当にうれしいことです。このグループも今ではずいぶんメンバーが増えて、延べ人数では20人以上になっています。もちろん、そうは言っても平日の夜の練習会ということで、この練習会に参加できるのはだいたいその半分くらい。ある程度連絡は取り合っていますが、参加できれば参加する(特に欠席連絡はしない)という適度な「ゆるさ」が、この練習会の魅力のひとつでもあります。
それにしてもこの日驚いたのはランステの混雑ぶり!先月のオクトーバーランの期間の混みにも結構驚かされたのですが、ここまでの混雑を経験するのは初めてでした。ランステでは、ロッカーがいっぱいになると荷物を入れるボックスが渡され、それをロッカーの上などに置いておくようになる(もちろん貴重品は受付で預かってもらいます)のですが、この日はその用意してあるボックスまでも全部使い切ってしまう状態でした。そのため、まるでカラオケボックスのように(笑)、ロッカーが空くまで受付で順番待ちをすることになります。うちのメンバーでも何人かがこの順番待ちをする羽目に…。もっとも比較的回転はするので、結局待った時間は10分ほどでしたが…。まあ火曜日はランステ主催の講習会などを行っていることもありますし、ランステの月曜日の定休日明けでもありますから、ある程度混んでしまうのですが、それにしてもここまで混むようになってしまったのは、もしかしたら東京マラソンの影響もあるのでしょうか。「とりあえずエントリーしておいたら受かっちゃった。やばい、走らなくちゃ!」なんて人もいるのかも(笑)。それにやはり昨今のランニングブームによるところも大きいでしょうね。

この日の参加者は新たに参加してくださったお二人を含めて11人!考えてみれば先週も11人でしたから、最近はだいたいこのくらいの人数で走っていますね。この日もジェイさんの案内で皇居から離れたコースを走りました。
そもそもジェイさんと今回初参加のnobuさんは、前々日の日曜日に湘南国際フルマラソンを走ったばかり!その疲れもあるので、今日はゆっくり走りましょうということで、あえて皇居から離れた「都内観光コース」(笑)を走ることに…だったのですがやっぱり最後は…(笑)。
この日のコースは四ッ谷から神宮外苑へ向かうコースで、先週末に僕が一人で走ったコースと同じ道を走ったりもしたのですが、当然のことながらジェイさんの道案内があるので迷うこともなく(笑)、また例によってポイントポイントで見所を用意してくれているので、まったく飽きることなく気持ちよく走れました。この日のハイライトはなんといっても「東京ミッドタウン」!クリスマスが近づいているということで、電飾がむちゃくちゃきれいでした!もっともそんな「むーでぃ」な場所をランニングウェアを身にまとった11人が走り抜けていくのですから、いささか「KY」な集団だったかもしれません(笑)。
P1000078




結局14kmほどを1時間半ほどで走りきりました(最後の皇居でやっぱりスパート!)。
締めはやっぱり飲み会(笑)。

ひとり「夢舞い(ハーフ)マラソン」?! その2

このまま甲州街道を新宿方面へ。
P1000020








四ッ谷三丁目の交差点で左折です。
P1000021








そのまままっすぐ進むと信濃町の駅が見えてきました。ここからしばらくは神宮外苑に沿って走ります。
P1000023

ここまで来たら左折。
P1000025




並木通りです。色づいてきた木々の下を走るのは「ちょー気持ちいい!」(笑)
P1000026

246に出たら右。渋谷方面へ向かいます。休日のこのあたりは人通りも多い上に、さすがに走っている人間は僕だけだったので、かなり恥ずかしい…(汗)。
P1000028

青山二丁目交差点を右。
P1000030

…確かここを右…?
P1000031






実はここで左折する道を間違えてしまい、このあとのコースはむちゃくちゃになってしまいました(涙)。

続く…(笑)

ひとり「夢舞い(ハーフ)マラソン」?! その1

朝から微妙な天気でしたが、久々のお休みをだらだら過ごすのはもったいない!ということで、午前中のうちにいつものランステに向かいました。
実は以前からもう一度走ってみたい!と思っていた、
「夢舞いマラソン」
のコースを走るためです。

夢舞いマラソンのコースは、四ツ谷中学校をスタートしてほぼ半分の22kmを走ったところでもう一度このスタート地点に戻ってきます(ここがエイドになっていました)。後半残り20kmほど走ってまたここに戻る、つまり「8の字」のコースになっていました。
さすがに全行程走るのはキツイので、今日は最初の「輪」である22kmを走ろうと思い、ランステを後にしました。
P1000013




ただ、考えてみればスタート地点の四ツ谷までちょっと距離があります。最初からちょっと頑張ってちょっと遠回りをして、まずは皇居に向かいました。
P1000014








竹橋から千鳥ケ渕交差点まではいつもの皇居のコース。11時過ぎの時間ですでに多くのランナーがいらっしゃいました。
P1000015




ここからの四ツ谷までのコースは、ジェイさんに何度も案内していただいていたはずなのに、思っていたよりも手前の場所で甲州街道に出てしまいました(汗)。
P1000016








ようやくスタート地点の四ツ谷の駅周辺までやってきました。ここまでですでに4kmほどの距離を走っていました。ここからは地図を片手にランニングです。
P1000017

ランニング入門 その3

どうやったら「楽に走れるか」。その答えの第二は

「フォームを意識する」

ことです。
食事をしたり、笑ったりといった行為と同じように、われわれは「走る」という行為を幼い頃から当たり前のように行ってきました。自転車に乗る練習はみなさんしたでしょうが、「走る」練習をなさった方はほとんどいらっしゃらないでしょう。それも、先ほどお話ししたように、「ランニング」で必要なのは「速く走る」ことよりも「楽に走る」ことです。そんなことを意識して「走る」練習をしたことのある方なんて間違いなくいらっしゃらないですよね(もちろん僕もそんな経験はこれまでありませんでした)。でも「ランニング」も間違いなく「スポーツ」です!ゴルフやテニスがそうであるように、上手になるにはそれなりの技術が必要です。ゴルフやテニスにおいてその「フォーム」がいかに大切であるかなんてことは、言うまでもないことでしょう。
僕にとってある意味ラッキーだったのは、僕にこれまで運動経験が全くなかったことです。これって「ランニング」をはじめるにはある意味すごく良い条件であったような気がしています。これまで運動とはまったく無縁な生活を送ってきた自分にとって、単純な「走る」という行為に対してすらあまりにも「無知」でした。だから「走る」ことをはじめる前に本やインターネットで調べたり、通っていたジムのコーチに聞いたりして、その「走り方」を一から(いや、ゼロから!)学ぶことからはじめました。これは今にして思えばすごく良かったと思っています。「フォームを意識する」とはようするに「いかに効率よく走るか」ということ。無駄な動きを無くし、身体を効率よく使っていくことができれば「楽に走る」ことができます。自分の中で変な癖をつける前に、さまざまな本を読んだり、人から指導を受けたりできたことで、少なくとも効率よく走ることができる「理想のフォーム」みたいなものは自分の中でイメージできるようになったように思います。もちろん、それが自分に実践できているかどうかは別として…(涙)。

東京マラソン!

東京マラソンの結果が来ました。

…残念ながら今年も落選(涙)。

まああの倍率を考えれば仕方ないですね。
自分でも意外なほど、わりと冷静にその結果を受け止めることができているのは、今年「夢舞いマラソン」に参加できたからだと思います。もちろん規模もまったく違いますし、そもそも車道を閉鎖して走るのと、信号を守りながら歩道を走る(場所によっては歩かなければなりません…苦笑)のとではまったく違います。同じ東京の都心を走るレース(「いや、夢舞い」はレースとは言えませんね…笑)とは言え、それはもうまったく違うものであることは間違いないことは分かっていますが、それでも「まあ『夢舞いマラソン』で走れたからいいか…」なんて思える自分がいるのだから不思議です。逆に言えばそれだけあの「夢舞いマラソン」の満足度が自分の中で高かったと言うことなのでしょう。
去年もおととしも僕自身は「東京マラソン」をほとんど体感せずに終わっています。応援に行ったりもしませんでしたし、悔しかったので(笑)テレビ観戦すらしませんでした。今年はぜひ応援には行きたいと思っていますので、せめてその雰囲気だけでも味わいたいと思っています。おそらくその雰囲気を少しでも肌で感じてしまうと、「やっぱり走りたい!」と思うことは間違いないのでしょうが(笑)。

悪魔の誘い(笑)

走り終えたあとはこれまた例によっての「飲み会」!どちらかといえばこれのために走っているようなもんです(笑)。予定があって帰られたosaさんを除く10人が参加!これも例によって大いに盛り上がりましたが、この日中心になった話題を提供してくださったのがkayopさんでした。この方(女性)、実はウルトラマラソンや24時間マラソン(24時間走り続けるんですよ!す、すごすぎます)を走るというとんでもない方(失礼!)。ご自分では「だから速くは走れないんです」とおっしゃいますが、その無駄の動きが一切無い美しいランニングフォームには、お世辞抜きにあこがれてしまいます。
そのkayopさんがこの日提供してくださった話題とは、

「チャレンジ富士五湖」にエントリーしよう!

というもの。
kayopさんも初めてエントリーされるというこのレースに、「みなさんも一緒にどうですか?」ということでした。どうやらすでにジェイさんとUさんはエントリーするつもりでいて、「MazKayさんももちろん走りますよね(笑)」。
来年の4月26日に行われるこのレース、その名の通り富士五湖を巡るコースを走るというもので、いくつ湖を回るかで3つの距離のレースが用意されています。
コースは良さそうだし、場所も比較的近い、それに4月という時期も良さそう。
「いいですね…えっ、ちょっと待って?!」

一番短いレースでその距離72km!

ちなみに二番目は100km、最長のものはなんと112km!
kayopさんは100kmにエントリーされているとのことでしたが、さすがにいきなりそれは無理と言うことで、今回お誘いいただいていたのは72kmのレース…とは言え、フルマラソンを走り終えたあとにさらに30km走るという、考えてみればむちゃくちゃな(?!)レースです(笑)。
実を言うと個人的に長い距離のレースには興味を持っていたので、そのお話自体は非常に興味深かったのですが、とは言え、「本当に72kmなんて走れるのか?!」そう考えると簡単に「やりましょう!」なんて言えません。ぐずぐず考えていたら僕の右隣の席にいたSさんが、「やってみようかな」えー、まじっすか!かくして、左隣に座っていた、既にエントリーを決めているジェイさんとSさんに挟まれて、ちょうどオセロがひっくり返るように僕もエントリーを決めていました(笑)。仲間と一緒なら、とりあえずフルマラソンの距離くらいまではこのT.N.R.C.の練習会のようにみんなでペースを合わせて走り、そこからはそれぞれのペースで走ればいい…スタート時間が早いので、どうせなら前日から泊まりで行けば合宿みたいで楽しいかも…なんて話で盛り上がって、最後には「こうなりゃみんなで行きましょう!」なんて言う感じになってしまいました(笑)。
この日の練習には参加できなかったTさんもエントリーする予定とのことでしたし、飲み会には参加できなかったosaさんもこのレースには興味を持っていらっしゃったとのことでしたので、どうやらこのチームのメンバーのほとんどがエントリーすることになりそう…(汗)。

東京タワーラン!

昨日はいつものT.N.R.C.の日。今週に入って、このままではいかんと思い、おとといは久しぶりに帰宅ランをしましたが、それを入れても今月に入ってから三回目のランニングです(汗)。

この日は皇居を離れて東京タワーを回るコースをジェイさんが組んでくださいました。それもあってか、19時30分の集合時間には結局10人もの参加者の方が…!特に今回は、この練習会で仲良くなったosaさんと、僕は仕事で参加できなかった(涙)「立川駅伝」で仲良くなったというHさんが初参加!さらに竹橋ではやはりこの練習会でお友達になったkayopさんも合流してくださいました(ちなみにこのosaさんとkayopさんはオクトーバーランのチームランステ内のランキングで1位と2位だった方!osaさんなんて500km以上走っていらっしゃいました。)ので、合計11人!実を言うと本当は今回もランステのA専務が参加してくださることになっていたのですが、どうしても都合がつかず、ご一緒できませんでした(ぜひまた次回に!)。

東京タワーを横目に見ながら、各国の大使館の横(アメリカ・スウェーデン・ロシアなどなど…)を抜けて走るコースは例によって見所満点!ポイントポイントではジェイさんがガイドをしてくださいます。あえてメインの通りではなく、都心の裏通りを走るコースを設定してくださっていたので、「こんな風景がこんな都会にもあったのか!」なんていう発見の連続で、例によってとても楽しめました。約13kmほどのコースを、景色を見ながらおしゃべりしながらのラン…それも当然途中には信号などもあります。それでも1時間20分ほどで走りきりましたので、まずまずのペースでしょう(例によって最後2kmほどのラストスパートが効いているのもありますが…笑)。なにげに結構アップダウンのあるコースだったので、距離以上の負荷がかかっていると思います。

お久しぶりです!

すっかりご無沙汰をいたしておりました(汗)。
先月のオクトーバーランを、何とか目標クリアで終えて、11月は連休とともに始まったわけですが、その連休初日は、サーキットを車で「走り」(笑)、二日目はこの日のレコーディングの続きを僕の自宅で行い(SaxとTrumpetを自宅PCで録りました)、三日目はその編集に明け暮れ、その上その編集中にPCがいかれてしまい(オーディオ編集は結構PCに負荷がかかるんです…涙。まあ以前からいささか不安定だったのをだましだまし使っていたということもあったのですが)、結局OSから再インストールという羽目になってしまいました(号泣)。ようやくPCが使えるようになって、ネットにも接続できるようになったのが昨日!そんなわけで、このBlogの更新はおろか、コメントをいただいていた方への返信もできずにいました。本当にすみません。
…こんな状態でしたから、連休中三日間はもちろん、それ以降も走れない日々が続き(連休明けの火曜日だけはT.N.R.C.練習会に参加したおかげで走れましたが)、先週末は土日とも仕事(涙)、そんなこんなで11月に入ってから既に一週間以上過ぎていた日曜日の時点で、その週の火曜日に走った10kmのみ!という情けない状態でした(滝汗)。ただ、実を言うと、走るのを控えていたという部分もありました(いささか言い訳めいてしまうのですが…)。この日こんなふうに書いている僕でしたが、実はこの最後のランのあと、ちょっと右の腿に「違和感」のようなものを感じました。痛みと言うほどのものではなかったので、時間がたてば治まるだろうと思っていたのですが(それもあったので連休中は無理をしなかったということもあります)、いっこうにその違和感が消えません。このところ、その違和感が歩いているときにも感じるようになってしまいました(涙)。まあ先月は一気に走行距離を伸ばしましたから、この程度の故障はやむを得ないでしょう。毎回ほとんどストレッチもしていませんでしたから、むしろこの程度ですんでいることに感謝しなければなりません。やっぱりもう少し自分の身体のケアにも気を遣わなければなりませんね(反省)。  

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ