最近のトラックバック

« 銀座→お台場ラン!(コース) その4 | トップページ | そもそものきっかけは… その3 »

足のサイズ!

お台場ランから戻った時点で閉店時間まではあと30分ほどあったので、とりあえず店内を物色することにしました。
P1000108








この「アートスポーツ・ランニングオアシスHIBIYA店」は、2Fがロッカー&シャワールーム、1Fがランニングウェア売り場、B1Fはシューズ売り場になっています。決して広くはない店内ですが、ランニングに特化している分、取り扱いアイテムはなかなか充実しています。特にB1Fのシューズはトレランシューズもラインナップされていて、見応えあり!僕も結局このフロアをうろつくことに…(笑)。
ここは店員さんがみな専門的な知識を持っており、いろいろと親身になって相談に乗ってくれます。さらにこのお店がすごいのは、「asics ioシステム」という、足のサイズを3Dでかなり細かく計測してくれる機械があり、このデータをもとにその人にあったシューズを選んでくれること。この機械は前々からすごく興味があったのですが、これまで未体験でしたので、せっかくだからこの機会に計ってもらうことにしました。
Io_03







まずシューズを脱いで裸足になり、ポイントになる部分にシールを貼ってもらいます(どうやらこのシールを機械が読みとるようです)。そうして片足ずつ機械に入れるのですが、ようするにこの機械、特殊なコピー機のようなもので、ちょうどコピー機の読み取り部のガラスの上に足を乗せるような形になっています。正確にはこのコピー機、箱状になっていることで3Dの計測ができるようになっていました。
で、実際に計測できるデータが
① 足長
② 足囲
③ かかと幅
④ 足高
⑤ アーチ高
⑥ かかとの傾斜角度
⑦ 第1趾側角度
これらが数値で示されるのはもちろん、なにげに便利なのは年代と性別による平均値と自分の数値を比較してくれていること。これによるとどうやら僕の足は、
0001





① 足長:これについてはほぼ平均値。
② 足囲:これについては平均値よりもかなり細めであることが分かりました(特に右足)。
③ かかと幅:これも平均値よりもやや細め(やっぱり右が特に)。
④ 足高:これもほんの少し平均値よりも低め(これも右が特に)。
⑤ アーチ高:これはほぼ平均値。
⑥ かかとの傾斜角度:左足はほぼ平均値でしたが、右はかなり外反寄り。
⑦ 第1趾側角度:これはほぼ平均値。
お店の方によると僕の足はかなり細めなんだそうで、左はEサイズ、右はDサイズ!なんだそうです。さらに足の裏の加重の画像を見ると小指がほとんど写っていません。これは重心が内側(親指側)にあるためなんだそうで、典型的な「オーバープロネーション」!
これらのデータを元にお店の方から勧められたシューズは…

« 銀座→お台場ラン!(コース) その4 | トップページ | そもそものきっかけは… その3 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/23914252

この記事へのトラックバック一覧です: 足のサイズ!:

« 銀座→お台場ラン!(コース) その4 | トップページ | そもそものきっかけは… その3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ