最近のトラックバック

« NIKE THE HUMAN RACE 10K その1 | トップページ | そもそものきっかけは… その2 »

NIKE THE HUMAN RACE 10K その2

このイベントの参加料が\5,000だという話をしましたが、実はこの料金のうち\2,000は寄付に当てられていて、残るは\3,000。その上、先ほど書きましたとおり、レース参加者には全員Tシャツが配布される(もちろんNike製で吸水速乾のちゃんとしたものです)ので、それが\2,000だったとすれば残るのは\1,000…。ランニング後には500mlのドリンク(ゲータレードのスポーツドリンク)とタオル(レースタイトルがプリントされた、わりとしっかりしたタオル)、さらにちょっとしたブレスレットのような記念品がもらえましたから、この時点でほとんど残っていないと言っていいでしょう。そう考えるとレース自体のエントリー料金もライブの料金も実質無料!うーん、さすがは世界のNike!太っ腹です(逆に言えばそこまでしてもこのイベントを開催することによる宣伝効果が期待できると言うことなんでしょう)。
P1000045
レース自体も、湖畔を走るとても気持ちのよいコースでしたから結構楽しめました。もっともやはり人がむちゃくちゃ多いのと、参加者のほとんどがランニングをはじめたばかりの人(いや、まだはじめてもいない人)でしたから、本気で走りたい方には向かないでしょう。
一回目ということでいろいろ問題点もあって、例えば、ゴール地点とライブ会場(スタート地点)が別の場所だったので、ゴール地点からライブ会場までは全員バスで移動になる(走って移動する方もいらっしゃいましたが…笑)のですが、これが当然大混雑になって、ゴール地点で長時間足止めを食ってしまうこととか、ゴールがちょうどお昼の時間になるので、その時間に全ランナーが一斉に飲食の販売カウンターに並ぶことになり、半端ない長蛇の列になってしまう(飲み物を買うだけに一時間近く並びました!)こととか、帰りのバスに乗るのにやはり時間がかかってしまう(会場までの交通手段は主要都市から出ている長距離バスか、近くの駅までの無料シャトルバスのどちらかで、当然のことながらマイカーの乗り入れは禁止。僕自身はそれを嫌って前日入りしていました。ちなみに前日入りの場合、宿までマイカーで来ることは可能です→宿から会場までは宿の送迎あり。まあ、主要都市から出ている長距離バスの料金は一律往復で\2,000でしたから、これもかなりコストパフォーマンスは高いのですが…)ことなど、いろいろあったのですが、それを差し引いてもなかなか充実したイベントだったと言っていいのではないかと思います。ぜひ来年も続けてほしいなと個人的には思います。

« NIKE THE HUMAN RACE 10K その1 | トップページ | そもそものきっかけは… その2 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060413/23810281

この記事へのトラックバック一覧です: NIKE THE HUMAN RACE 10K その2:

« NIKE THE HUMAN RACE 10K その1 | トップページ | そもそものきっかけは… その2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ