最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

NIKE THE HUMAN RACE 10K その2

このイベントの参加料が\5,000だという話をしましたが、実はこの料金のうち\2,000は寄付に当てられていて、残るは\3,000。その上、先ほど書きましたとおり、レース参加者には全員Tシャツが配布される(もちろんNike製で吸水速乾のちゃんとしたものです)ので、それが\2,000だったとすれば残るのは\1,000…。ランニング後には500mlのドリンク(ゲータレードのスポーツドリンク)とタオル(レースタイトルがプリントされた、わりとしっかりしたタオル)、さらにちょっとしたブレスレットのような記念品がもらえましたから、この時点でほとんど残っていないと言っていいでしょう。そう考えるとレース自体のエントリー料金もライブの料金も実質無料!うーん、さすがは世界のNike!太っ腹です(逆に言えばそこまでしてもこのイベントを開催することによる宣伝効果が期待できると言うことなんでしょう)。
P1000045
レース自体も、湖畔を走るとても気持ちのよいコースでしたから結構楽しめました。もっともやはり人がむちゃくちゃ多いのと、参加者のほとんどがランニングをはじめたばかりの人(いや、まだはじめてもいない人)でしたから、本気で走りたい方には向かないでしょう。
一回目ということでいろいろ問題点もあって、例えば、ゴール地点とライブ会場(スタート地点)が別の場所だったので、ゴール地点からライブ会場までは全員バスで移動になる(走って移動する方もいらっしゃいましたが…笑)のですが、これが当然大混雑になって、ゴール地点で長時間足止めを食ってしまうこととか、ゴールがちょうどお昼の時間になるので、その時間に全ランナーが一斉に飲食の販売カウンターに並ぶことになり、半端ない長蛇の列になってしまう(飲み物を買うだけに一時間近く並びました!)こととか、帰りのバスに乗るのにやはり時間がかかってしまう(会場までの交通手段は主要都市から出ている長距離バスか、近くの駅までの無料シャトルバスのどちらかで、当然のことながらマイカーの乗り入れは禁止。僕自身はそれを嫌って前日入りしていました。ちなみに前日入りの場合、宿までマイカーで来ることは可能です→宿から会場までは宿の送迎あり。まあ、主要都市から出ている長距離バスの料金は一律往復で\2,000でしたから、これもかなりコストパフォーマンスは高いのですが…)ことなど、いろいろあったのですが、それを差し引いてもなかなか充実したイベントだったと言っていいのではないかと思います。ぜひ来年も続けてほしいなと個人的には思います。

NIKE THE HUMAN RACE 10K その1

8月最後の日曜日、この日はこんなイベント(レース?)に参加してきました。

NIKE THE HUMAN RACE 10K
P1000051



その名の通り、Nikeが主催する10Kレースなのですが、その内容を考えると「レース」というよりは大規模な「イベント」!競技自体は10:30スタートで午前中には終了してしまい、その後、レース参加者のみが聞くことの出来る野外ライブが、なんとお昼から18:00まで!その参加アーティストもすごくて、「木村カエラ」を筆頭に、「サンボマスター」、「bird」「ホームメイド家族」など、今をときめくアーティストが目白押し!まさにちょっとした野外フェスです(個人的には「bird」のアコースティックなセットがよかった!)。
P1000082






これはつまり、これまでまったく走ったことの無かった人が、このイベントをきっかけで走ってくれるようになれば…(そうしてその人達がNike製品を買ってくれたら…笑)という狙いのもとに行われたものと言っていいでしょう。実際、「木村カエラのライブを見るために10K走りました!」なんていう方が結構いらっしゃいました(笑)。それにこのイベント、エントリーの料金がなんと\5,000。10Kレースのエントリー料金としてはまあそんなものか…という感じですが、これらのアーティストが参加する野外ライブの料金として考えれば安い!それにそもそもこういった方々のチケットを取るのは至難の業ですが、今回は結局当日受付もしていましたので、申し込みさえすれば簡単にチケットは取れます。ただし!とにかく10Kは走らなければなりませんが…(笑)。
この「レース」(「イベント」?)がさらにすごいのは、実はこれが全世界一斉に同じ日に行われるレースであると言うこと(さすがに「同時刻に一斉に」というわけではありませんが)!その日本会場がこの本栖湖だったというわけ。さらにおもしろいのは、この日参加者は全員(もちろん世界中!)が同じTシャツを着ます。真っ赤なTシャツなのですが、この会場だけを見ても7,000人ほどの参加者全員が同じTシャツで走っているのはかなり異様な光景でした。

P1000055

ちなみに、Tシャツ自体に自分のゼッケンがプリントされていますので、その意味ではそのTシャツは世界で一つ、自分だけのものであるとも言えます。

P1000203

お台場温泉物語!

約11kmのコースを走り終えてもう一度駐車場に戻り、着替えなどの荷物を持ってそこからお台場の温泉、「大江戸温泉物語」に向かいます。そう、ここに車を停めたのは、この温泉から一番近い駐車場だったからです。この駐車場なら平日上限\1,500だったので、あえてここに停めたのですが、後からよく調べたら温泉の駐車場も上限\1,500でした(それもここなら平日休日関係なし!涙)。
P1000074






この温泉も入浴料が高いのが×ですが、18時以降だと\1,900とちょっとお安くなり、先日のみなとみらいの「スカイスパ」より安い値段に!それでいてその規模、内容ともにみなとみらいの「スパ」とは比較になりませんから、まあお得といえばお得…?で、その自慢の設備ですが、文字通り「いたれりつくせり」。入館するとすぐに浴衣を貸してくれるのですが(逆に言うと館内はこの浴衣で過ごすことになります)、その浴衣の柄が何種類もあってそこから自分好みのものが選べます。これは特に女性にはうれしいサービスでしょう。
P1000075



そういうわけでまずはロッカーでその浴衣に着替えます。館内での飲食などの精算はすべて入館時に受け取る「通行手形」(?)で行いますので、そのたびにロッカーから財布を出さなくてもよいのは便利でした。
P1000081






ロッカー室と浴場の間には、これがこの施設の売りなんですが、江戸の町並みを再現した飲食店や土産物屋が並ぶ空間があります。ここについての説明は後ほど…。まずは汗を流すべく浴場に向かいます。バスタオル・ボディタオルが用意されているのはもちろん、使い捨てのひげそり・歯ブラシなども無料でもらえます(ボディソープとシャンプーは当然完備!)。露天風呂やサウナはもちろん、内風呂もいろいろ種類がありましたから、それらにひとつづつ入っていくだけでもかなりの時間がかかります。僕は一人でしたが、やっぱり家族や仲間たちと一緒だともっと楽しめますね。
P1000078

しかしこの施設の本当のお楽しみはこれから!(笑)先ほども書きましたとおり、この施設は食事のスペースが充実しているのが売り。ちょうど「フードコート」のようになっているので、客は自分の好きなものをそれぞれ別に購入して、同じ場所で食べることができます(温泉につきものの座敷はもちろん、テーブルや座席も豊富に用意されています)。そのメニューも「和」「洋」「中」とさまざま。酒のつまみ(おでんなど)もありますので、ちょっとした宴会もできそうです。ランニングをして、温泉に浸かって、お酒を飲む…という一連の流れを非常にスムーズに行えますので、その意味でもここは一人よりもグループで訪れたい場所ですね。少なくとも一人で車で来るところではないかも(涙)。とは言え、これで使い勝手が分かったので、今度は平日の夜にまた一人で走りに来ようと思います(笑)。あ、ちなみにここは宿泊することもできます!

お台場ランのコース その3

砲台跡の台場公園
P1000036








ここから見る夕日も最高!
P1000043




ここで折り返し、もう一度来た道を戻ります。
P1000046




「海浜公園入口」交差点を左
P1000047








「レインボー入口」交差点を有明方面へ
P1000049








有明コロシアムまで来たら右
P1000052








しばらく行くと首都高を渡る歩道橋があります。
P1000054








歩道橋の正面にはビックサイトが
P1000057




ビックサイト前のイーストプロムナードを右
P1000058








夢の大橋(ドリームブリッジ)を渡り
P1000061




メガウェブの裏を抜けて
P1000064








フジテレビの裏を抜けたら左に折れて
P1000066




スタート地点に戻りました!お疲れさまでした。
P1000067








一周約11kmのコース。所々信号もありますが、基本的に歩道や公園を走るのでとても走りやすいコースです。眺めも良いのでオススメですよ!

お台場ランのコース その2

南コーストデッキをしばらくまっすぐ。
P1000018








噴水広場を抜けて
P1000019




首都高湾岸線の上を渡っている「しおかぜばし」を渡り
P1000022








潮風公園を抜けていきます。
P1000024




自由の女神の横を抜けて
P1000027




お台場海浜公園。
P1000029




夕日がきれいでした。
P1000033

お台場ランのコース その1

で、肝心のコースですが、

車を停めたのはここ。ここは平日一日上限¥1,500でした。
P1000005








スタート地点はここ。まずはテレコムセンターに向かいます。
P1000006








テレコムセンターの前を左に曲がり
P1000008








「テレコムセンター前」交差点を右。
P1000009








しばらく行くと右側に「青海南ふ頭公園」入り口がありますのでここを入ります。
P1000010








海に出ましたので、ここを右に曲がってまっすぐ進みます。
P1000014_2








船の科学館の羊蹄丸の横を抜けて
P1000015








船の科学館の横を抜けたつきあたりを右P1000018

お台場ラン!

先日のネタといい、今日のネタといい、かなり時間がたってしまっているのですが…(汗)

P1000039

夏休み最後の日、この日はお台場を走ってきました。
電車で行くことも考えたのですが、着替えなどの荷物を考えるとやっぱり車が楽…往復の電車賃と平日一日の駐車料金の\1,500は、まあとんとんだろうと自分を言い聞かせて(実際はそれにガス代と高速代もかかっていますから、決してとんとんではないのですが…汗)、お昼ちょっと前に車で家を出ました。
お台場に着いたのは13時頃だったでしょうか。船の科学館近くの駐車場に車を停めて、そこから歩いてアクアシティに向かいます(ここに停めたのにはわけがあります。それは後ほど…)。そこで昼食を食べた後、しばらくお台場をうろうろすることに…。平日とはいえ夏休み中ということで思いのほか人がたくさんいました。特にフジテレビ周辺はすごい人です!
アクアシティ周辺からテレポートのあたりに移動(もちろん歩いて)、そこからヴィーナスフォートのあたりにも行きましたが、思ったほど時間がつぶせません(苦笑)。ここは40過ぎたおっさんが時間をつぶせるような場所ではなかったようです(当たり前か!)本当は18時くらいから走りはじめるつもりだったのですが、これ以上時間がつぶせないので仕方なく16時半くらいから走りはじめることに…。いったん駐車場に戻り車内で着替え、そこをスタート地点にしてお台場を一周します。

みなとみらいラン!

山などの自然の中を走るのも気持ちがよいのですが、都会の近代的な風景の中を走るのもそれはそれで楽しいものです。自宅近くにいくらでも走る場所はあるのに、わざわざ皇居にまで出かけて走るのも、そんな風景の中で走りたいからです。
そんな僕が以前から一度走ってみたいと思っていたのが「お台場」と「みなとみらい」でした。どちらも自然の風景とは対局にある、近代的都市の風景です。この夏、ようやくその念願が叶って、この二カ所を走ってきました。P1000016







8月18日、あるイベントに参加して、夜のみなとみらいを走ってきました。

この日僕が参加させていただいたイベントがこれP1000192

この「スカイスパ」という施設はその名の通り、横浜駅近くのスカイビル内にある「スパ」(ようするに現代的な銭湯!笑)なんですが、ここが最近はじめたのが「ジョグスパ」というイベント(サービス?)。水曜日の夜にこの場所に集まり、コーチによる先導のもとみなとみらいを走り、その後スパを満喫するというものなんですが、ありがたいのはこのスパへの入浴料以外、参加料のようなものはかからないこと(500mlのスポーツドリンク「アミノバリュー」と「ソイジョイ」も付きます)。まあいささかその入浴料自体が高い(\2,500也!)ので、コストパフォーマンスは…なのですが、ただそれだけに施設は充実していて、いたれりつくせりだし、またこの施設がビルの上層階にあるため、入浴しながら横浜の夜景を満喫できるのもGood!入浴は5時間以内と制限があるのですが、二時間走ったとしてもまだ三時間あります(笑)。この日僕は集合時間の一時間ほど前にここに着いてしまったのですが、そのおかげで走る前にもひとっ風呂あびることが出来ましたので、まあ二回入浴したと考えればこの値段も高くない…?!ちなみにあらかじめコンビニでチケットを購入すると(前売り券みたいなもの)\2,100と若干お得です。
で肝心なその内容ですが、まずはスパからちょっと離れた公園まで歩いて移動、そこで簡単なストレッチの後、レベル別に3グループに分かれ、コーチの先導で山下公園を目指します。僕は上級のグループに参加しましたが、それでもキロ6分ほどのペースでしたから、トレーニングと言うよりはやはり景色を楽しみながらのジョグという感じ。実際海沿いをパシフィコ横浜、インターコンチネンタルホテル、赤レンガ倉庫と抜けて山下公園に向かうコースはまさに絶景!横浜の夜景を満喫できました。往復で13kmほどのコースでしたが、とても気持ちのよいコースでしたので、これはもう一度走りたい!と思いました。
一度このイベントに参加すると、それ以降、このスパを拠点にしてジョギングができるようになる(通常はチェックイン後の外出は不可)ので、今後は都合のよいときにひとりでも走れます。なにげにお互い走ることが趣味のカップルなら、最高のデートコースになるかも?と思いました(笑)。

nike running club dayイベント

P1000011 木曜日の夜、「nike running club dayイベント」に参加してきました。場所はこのところすっかりおなじみの神保町にあるランナーズステーション(略して「ランステ」)です。ほぼ毎週木曜日に行われているイベントで、その存在は知っていましたが参加するのは今回が初めて。ランステ使用料(ロッカー、シャワー使用料金)はかかるものの、参加費無料というのがありがたい(ランステ使用料も割引されます)。18:30に受付。さすがNikeのイベントだけあってNikeの様々なシューズの試し履きが出来ますし、iPod Sport Kitのお試しも出来ました。僕は重い思いをしてシューズを持って行っていたのですが(それも一応気を使って以前使っていたNikeシューズを持って行きました…笑)、せっかくなので最新のNikeシューズをお借りしました(軽くてフィット感も良く、それでいてクッション性も確保されていてなかなか良かったです。ただ、デザインは…)。Nike

19:00に皇居に移動。このイベントのコーチをされているMIDORIさんが先頭になって、参加者34名プラスNikeのスタッフの方が数名がジョグで移動です。ランステからはちょっと離れた和気清麻呂公園で簡単なレクチャー&ストレッチの後、走力別の2チームになって皇居ラン。僕はキロ5分30秒のクラスに参加しました。コーチの先導で10名ほど(もう一方の初級クラスの方がやはり数は多い)で走りました。この日は比較的涼しく、風もあってとても気持ちよくランが出来ました。それにしてもこの時間皇居を走っている方の多いこと!平日の夜にもかかわらず(いや、「だからこそ」なのかもしれませんが)本当にたくさんの方が走っていらっしゃいました。比較的週末に皇居ランをしていた僕には驚きであるとともに、職場がこのあたりにあるみなさんをちょっと羨ましくも思いました。僕の参加したクラスは結局2周10kmを走り、簡単なストレッチをした後、ランステに戻ってシャワーを浴びて終了。暑いこの時期はどうしても走ることがおっくうになってしまうのですが、こういう形で走るのはなかなか楽しいし刺激にもなります。また参加したいと思います。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ